安田記念 2017 予想

スポンサーリンク


安田記念 2017 予想

 

2017年6月4日(日)東京11Rの安田記念の予想をしていきます。

 

 

 

2016年は、8番人気のロゴタイプが見事な逃げ切り勝ちをしました。

 

今年はどんなレースになるのか楽しみですね。

 

 

 

 

コースは東京芝1600mです。

 

最後の直線が長く、上りの傾斜があるので、逃げや先行は不利だと思うので、やはり本命は差し馬で行こうと思っています。

 

 

 

 

ですが、安田記念の過去10年のデータを見る限り、先行馬と差し馬が飛び出して勝っています。

 

なので、実力のある先行馬か差し馬を本命にしようと思います。

 

 

 

 

2016年の逃げ切り勝ちについては、12頭と少数でレースが行われていたので、先行争いが激しくならず、結果としてスローペースになりました。

 

なので、今回は出走馬数は少数ではありませんし、そういう流れにならないと予想しています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

4番のアンビシャスは非常に戦績が安定しています。

 

良馬場では、最低でも6着です。

 

最近は、4着や5着とギリギリで3着に入れていないので上位に入賞してもおかしくありません。

 

 

 

 

15番のイスラボニータはルメール騎手との相性は抜群です。

 

最近のルメール騎手が騎乗した4戦は1着1回と2着3回と非常に好成績です。

 

さらに、ルメール騎手はGT3連勝ですから、いやでも意識していまいますね。

 

なので、今回は本命にしようと思っています。

 

 

 

 

 

8番のエアスピネルは1600mの戦績が非常に良いです。

 

1600mではすべて3着以内になっています。

 

東京新聞杯で1番人気で3着に破れていますが、レースの展開がスローペースだったので今回はスローペースにはならないと予想しているのでそこは問題ないと思います。

 

なので、注意が必要です。

 

 

 

 

 

7番のグレーターロンドンは要注意です。

 

現在、5連勝中です。

 

戦績も1着7回、2着1回と抜群です。

 

今回が重賞での初めての出走となるので、そこが不安要素です。

 

ですが、要注意すべき馬です。

 

 

 

 

14番のサトノアラジンも要注意です。

 

重馬場や国外のレースを除けば、戦績が良いです。

 

本命の相手としては抑えておいたほうが良いでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

17番のヤングマンパワーも注意が必要です。

 

東京1600mで行われる富士ステークスでイスラボニータに勝ったこともあります。

 

コースには適正があるので、注意が必要だと思います。

 

 

 

 

16番のロゴタイプは去年の安田記念の1着馬です。

 

去年のようなスローな展開には今年はならないと思っています。

 

なので、来ても、2着、3着までだと思います。

 

 

 

 

6番のレッドファルクスも注意が必要です。

 

京王杯スプリングカップでも重馬場ですが、強さを見せてくれました。

 

距離的が延長することが不安要素です。

 

ですが、本命の相手としては抑えておいたほうが良いかもしれません。

 

 

 

18番のステファノスは戦績が安定しています。

 

前走では、キタサンブラックに次ぐ2着と好成績を収めています。

 

3歳のときには東京1600mで行われる富士ステークスで1着になっています。

 

今回のコースはスタミナが必要なコースなので芝2000mなどで実績を残しているのでそこは問題なさそうです。

 

 

予想

 

◎ 15番 イスラボニータ
○ 8 番 エアスピネル
▲ 7 番 グレーターロンドン
△ 4 番 アンビシャス
△ 14番 サトノアラジン
△ 17番 ヤングマンパワー
△ 18番 ステファノス

 

 

こちらの予想でいきたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
「3連単20点で万馬券も獲れる」と大好評
1日1鞍の渾身予想 9/10まで無料<
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


もし、参考になることや共感されたことがあれば、バナーをクリックして応援お願いします。
↓↓↓


 

注目トピック


このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク