CBC賞 2017 予想

スポンサーリンク


CBC賞 2017 予想

 

2017年7月2日(日)中京11RのCBC賞の予想をしていきます。

 

 

 

去年は3番人気のレッドファルクスが見事勝利しました。

 

レッドファルクスは去年のCBC章が初の重賞制覇でした。

 

そこからの活躍は目覚しいものですから、皆さんもご存知だと思います。

 

今年もどうなるのか楽しみなレースですね。

 

 

 

 

コースは中京芝1200mです。

 

最後の直線に上り傾斜があり、直線の距離も長いです。

 

なので、芝1200mという短距離ですが差しや追い込みも決まりやすいです。

 

過去の傾向

 

ラジオNIKKEI賞の過去10年の傾向について考察していきます。

 

中京の競馬場の改修とそれにともなう開催地の変更があったので、2012年以降のレースのデータについて考察します。

 

 

 

 

2012年以降の勝ち馬は差し馬が3頭、先行馬が2頭という結果になっています。

 

なので、脚質にはそこまでこだわる必要はないと思います。

 

 

 

 

過去の傾向見る限りでは、レース自体は人気馬が中心でした。

 

1番人気から4番人気の馬から2頭が毎年3着以内に入ってきています。

 

なので、そこまで荒れた展開にはなっていません。

 

そのうち、2015年と2013年は1番人気から3番人気までの馬が3着を独占しています。

 

一方、2016年と2014年は人気馬が中心でも3連単は10万円以上になっています。

 

 

 

 

あくまで高配当になる場合でも、人気馬から2頭は3着以内に入ってきているので、人気馬を中心に考えたほうが良いでしょう。

 

人気薄の馬を少し絡めると、高配当を狙えるかもしれません。

 

以上のことを踏まえて今年の予想をしていきます。

 

スポンサーリンク

 

今年の予想

 

3番のメラグラーナは芝1200mの戦績がとても良いです。

 

重賞以外は1レースを除くとすべて1着です

 

その1レースも2着で、1着は高松宮記念で1着になったセイウンコウセイとハナ差でした。

 

なので、実力は間違いないです。

 

今回は本命にしようと思っています。

 

 

 

 

 

13番のエイシンスパルタンも戦績がとても良いです。

 

芝1200mでは1着1回と2着1回と抜群の戦績です。

 

なので、抑えておく必要があると思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

10番のアリンナも戦績が良いです。

 

芝1200では1着2回と2着1回です。

 

なので、抑えておいた方が良いでしょう。

 

 

 

 

15番のタイムトリップも戦績が良いです。

 

重賞以外ではすべて3着以内に入っています。

 

芝1200mでは、1着2回と2着1回と3着1回とすべて3着以内です。

 

なので、本命の相手として抑えておいたほうがいいかもしれません。

 

 

 

 

7番のシャイニングレイは注意が必要です。

 

芝1400mで6番人気で1着になっています。

 

それまでは2000mだったので、距離が短いほうが得意なのかもしれません。

 

なので、抑えておいたほうが良いでしょう。

 

予想印

 

◎ 3 番 メラグラーナ
○ 13番 エイシンスパルタン
▲ 15番 タイムトリップ
△ 10番 アリンナ
△ 7 番 シャイニングレイ

 

こちらの予想で行きたいと思います。

■■【セントウルS】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

セントウルSのプロが買う3連単が知りたくありませんか?

関係者が本気で買う『3連単勝負馬券』を特別無料公開!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【7割以上で的中実績が残せるワケ】

@元調教師・騎手など競馬関係者が情報提供をしている

A情報をもとに独自で構築しているデータベースで分析

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


もし、参考になることや共感されたことがあれば、バナーをクリックして応援お願いします。
↓↓↓


 

注目記事


このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク