白河特別 2017 予想

スポンサーリンク


白河特別 2017 予想

 

2017年7月22日(土)福島11Rの白河特別の予想をしていきます。

 

 

 

コースは福島芝1200mです。

 

最初の直線は上り傾斜があるので、ペースは遅くなりがちです。

 

ゴール前の直線が短いので、ある程度の位置取りをしていないと差し切れません。

 

過去の傾向

 

白河特別の過去10年の傾向について考察していきます。

 

過去の勝ち馬は逃げ、先行馬が5頭で、差し馬が4頭でした。

 

なので、ある程度の位置取りをしていれば脚質にはこだわる必要はなさそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

白河特別は展開として荒れないことが多かったです。

 

ですが、傾向的に荒れるパターンがあったのでそれを紹介したいと思います。

 

 

 

 

一つ目は、馬場状態が悪いと荒れていました。

 

2009年は過去10年の中で唯一馬場状態が良ではありませんでした。

 

そして、2009年は8番人気の先行馬が1着になりました。

 

2着は2番人気の先行馬で、3着は12番人気の先行馬でした。

 

3連単の金額は60万9480円でした。

 

 

 

 

このように馬場状態が悪いときは荒れていました。

 

 

 

 

二つ目にレースのテン3Fのタイムが速いと荒れていました。

 

2013年と2008年は他の年に比べてテン3Fのタイムが速かったです。

 

そして、2013年は8番人気の差し馬が1着になりました。

 

2着は6番人気の先行馬で、3着は5番人気の逃げ馬でした。

 

3連単は12万4190円でした。

 

 

 

 

2008年は速めに上がってきた2番人気の差し馬が1着になりました。

 

2着も速めに上がってきた5番人気の差し馬で、3着は7番人気の差し馬でした。

 

3連単の金額は3万8180円でした。

 

 

 

 

このようにテン3Fが速いと荒れる傾向がありました。

 

さらに、勝ち馬はすべて差し馬でした。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

逆にテン3Fが遅く、馬場状態が良い場合は、人気馬が好走していました。

 

すべてのレースで1番人気から3番人気までの馬の内2頭が3着以内に入ってきていました。

 

 

 

 

2016年は1番人気の差し馬が1着になりました。

 

2着は3番人気の差し馬で、3着は2番人気の先行馬でした。

 

3連単の金額は9220円でした。

 

 

 

 

2015年は1番人気の逃げ馬が1着になりました。

 

2着は2番人気の先行馬で、3着は3番人気の先行馬でした。

 

3連単の金額は2820円でした。

 

 

 

 

2014年は1番人気の先行馬が1着になりました。

 

2着は5番人気の差し馬で、3着は3番人気の先行馬でした。

 

3連単の金額は1万860円でした。

 

 

 

 

2012年は2番人気の先行馬が1着になりました。

 

2着は1番人気の差し馬で、3着は9番人気の先行馬でした。

 

3連単の金額は1万100円でした。

 

 

 

 

2010年は3番人気の差し馬が1着になりました。

 

2着は2番人気の先行馬で、3着は4番人気の先行馬でした。

 

3連単の金額は2万460円でした。

 

 

 

 

2007年は1番人気の先行馬が1着になりました。

 

2着は2番人気の先行馬で、3着は5番人気の差し馬でした。

 

3連単の金額は5590円でした。

 

 

 

 

このように人気馬が好走していたので、荒れたレースにはなっていませんでした。

 

 

 

 

今回はテン3Fのペースと馬場状態が予想するための鍵を握っているようです。

 

なので、テン3Fのペースが速くなるのかを予想する必要があります。

 

今回の出走馬の中でどれくらい逃げ、先行しそうな馬がいるのかを調べてみました。

 

ジャッキー、スペチアーレ、ダイトウキョウ 、マンカストラップ 、ミエノドリーマーあたりは先行していきそうです。

 

他にも先行していく馬がいれば、先行争いは激しくなりそうです。

 

 

 

 

なので、テン3Fは速くなると予想しているので、本命は差し馬にしようと思います。

 

そして人気薄の馬も含めた馬券の予想をしていこうと思います。

 

以上のことを踏まえて今年の予想をしていきます。

 

スポンサーリンク

 

今年の予想

 

3番のアペルトゥーラは戦績は悪くありません

 

福島芝1200mで5着、4着になっています。

 

なので、上位に入賞してもおかしくないと思います。

 

今回は本命にしようと思います。

 

 

 

 

9番のジャッキーは戦績が良いです。

 

重賞では敗れていますが、それ以外ではすべて1着です。

 

なので、抑えておいたほうが良いでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

2番のダイトウキョウは戦績が良いです。

 

福島芝1200mでも1着になっています。

 

戦績も安定してきているので抑えてほうがよいかもしれません。

 

 

 

 

10番のミエノドリーマは前走福島1200mで1着になっています。

 

500万条件ですが、3馬身差で勝っています。

 

なので、抑えておいたほうが良いでしょう。

 

 

 

5番のマンカストラップも戦績は悪くないです。

 

芝1200mでの戦績は安定しています。

 

なので、抑えておいたほうが良いでしょう。

 

予想印

 

◎ 3 番 アペルトゥーラ
○ 9 番 ジャッキー
▲ 2 番 ダイトウキョウ
△ 10番 ミエノドリーマ
△ 5 番 マンカストラップ

 

こちらの予想で行きたいと思います。

PR【馬券になる共通点が見つかった】アメリカJCC(G2)、東海S(G2)


1月3週目G2の2連戦 21日(日)開催

中山11R アメリカJCC(G2)

中京11R 東海S(G2)

このデータを見てみてください。



これでもかと馬券に絡んでくるデータがあります。


この2レースの予想で難しいのは、「みごとなまでの上位人気馬の凡走」

例えば2017年

アメリカJCC 1着14.7倍の7人気

東海S 1着1人気だったものの、2着96.3倍の12番人気、3着59.6倍の10番人気


予想外の馬がバンバン馬券に絡んできます。

もはやオッズなんて予想の参考になりません。

こういったレースは、複勝やワイドでも美味しい馬券になるチャンスです。

的中をつかむコツがあります。それは、


【過去数年、同じ方法で予想をしてきた結果データの共通点を見つける事】


使うデータは2018年1週目「中山金杯、京都金杯、フェアリーS、3連続単勝的中」させたこちらの指数です。

→ 無料会員登録ページ


各レースで、ある共通点が見つかりました。

それは、

■中山11R アメリカJCC(G2)

→指数1、2、3位馬が3頭中2頭、3年連続馬券内


■中京11R 東海S(G2)

→指数4位馬、直近3年連続単勝的中+4年連続馬券内




アメリカJCC(G2)データは無料公開が決定しています。

このデータを参考に馬券を組み立ててみてはいかがでしょうか。

→ 無料会員登録ページ

※無料公開のアメリカJCCの指数は、レース当日の昼に北条のブログで公開されます。



 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


もし、参考になることや共感されたことがあれば、バナーをクリックして応援お願いします。
↓↓↓


 

注目記事


このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク