馬券の種類別購入率と購入金額がオッズに与える影響

スポンサーリンク


馬券の種別購入率

 

馬券の種類別の購入率について書いていきたいと思います。

 

単勝、複勝、枠連、馬連、馬単、ワイド、3連複、3連単と馬券の種別は色々あります。

 

ですが、どの種別がどれくらい買われているのかは良く知らないので調べてみることにしました。

 

 

 

 

今回は2017年7月16日の函館記念のときの馬券の発売票数について調べてみました。

 

JRAのホームページによると、総票数は63,089,552でした。

 

1点100円なので、100をかけると、63億895万5200円ということになります。

 

さすが、重賞なので1レースでかなりの売り上げになっていますね。

 

 

 

気になるその内訳ですが、

 

単勝の購入金額は2億2361万5100円でした。

 

全体の%としては4%です。

 

 

複勝の購入金額は、3億3306万9700円でした。

 

全体の%としては5%です。

 

 

 

枠連の購入金額は、1億8158万0300円でした。

 

全体の%としては3%です。

 

 

 

馬連の購入金額は、8億2853万9900円でした。

 

全体の%としては13%です。

 

 

 

馬単の購入金額は、3億3396万7400円でした。

 

全体の%としては5%です。

 

 

 

ワイドの購入金額は、4億2478万6700円でした。

 

全体の%としては7%です。

 

 

3連複の購入金額は、16億0539万0800円でした。

 

全体の%としては25%です。

 

 

 

3連単の購入金額は、23億7227万5300円でした。

 

全体の%としては38%です。

 

 

 

 

 

3連単が1番多いとは思っていましたが約4割ほどとは思っていませんでした。

 

3連複と3連単を足すと、63%にもなるんですね。

 

 

 

 

単勝と複勝は思っていたよりもだいぶ少なかったです。

 

単勝や複勝に大きく賭けるとオッズに与える影響は大きそうですね。

 

 

 

未勝利戦などになると、1レースで2億円ほどになります。

 

単勝だけだと、2000万円だけになってしまうのでここまでくると、まとまった金額を賭けるとオッズに与える影響は大きそうですね。

 

 

スポンサーリンク

 

もし単勝オッズに1000万を賭けたらどうなるのか?

 

ここで、単勝1点に1000万を賭けたら、オッズがどう変化するのかを考察してみたいと思います。

 

ここでも、先ほどと同じ函館記念のデータを使用します。

 

単勝の購入金額は2億2361万5100円でした。

 

1番人気  3.8
2番人気  5.6
3番人気  6.5
4番人気  6.9
5番人気  9
6番人気  9.1
7番人気  17.9
8番人気  21.3
9番人気  23.6
10番人気  26.2
11番人気  29.7
12番人気  31.8
13番人気  57.8
14番人気  69.1
15番人気  71.7
16番人気  154.6

 

 

単勝オッズの人気順はこのようになっていました。

 

1番人気の金額は4627万1800円でした。

 

全体の%としては約26.69%でした。

 

 

 

 

2番人気の金額は3159万8200円でした。

 

全体の%としては約14.13%でした。

 

 

 

 

3番人気の金額は2720万1800円でした。

 

全体の%としては約12.16%でした。

 

 

 

 

4番人気の金額は2557万5300円でした。

 

全体の%としては約11.43%でした。

 

 

 

 

5番人気の金額は1971万0000円でした。

 

全体の%としては約8.81%でした。

 

 

 

 

6番人気の金額は1954万2600円でした。

 

全体の%としては約8.73%でした。

 

 

 

 

7番人気の金額は996万6500円でした。

 

全体の%としては約4.45%でした。

 

 

 

 

8番人気の金額は839万5700円でした。

 

全体の%としては約3.75%でした。

 

 

 

 

9番人気の金額は757万2600円でした。

 

全体の%としては約3.38%でした。

 

 

 

 

10番人気の金額は681万7300円でした。

 

全体の%としては約3.04%でした。

 

 

 

 

11番人気の金額は601万7200円でした。

 

全体の%としては約2.69%でした。

 

 

 

 

12番人気の金額は601万7200円でした。

 

全体の%としては約2.69%でした。

 

 

 

 

13番人気の金額は601万7200円でした。

 

全体の%としては約2.69%でした。

 

 

 

 

12番人気の金額は561万4000円でした。

 

全体の%としては約2.51%でした。

 

 

 

 

13番人気の金額は309万2800円でした。

 

全体の%としては約1.38%でした。

 

 

 

 

14番人気の金額は258万8000円でした。

 

全体の%としては約1.15%でした。

 

 

 

 

15番人気の金額は249万4800円でした。

 

全体の%としては約1.11%でした。

 

 

 

 

16番人気の金額は115万6500円でした。

 

全体の%としては約0.51%でした。

 

 

スポンサーリンク

 

 

単勝馬券の払い戻し率は80%です。

 

なので、どの馬が馬が1着になっても同じ金額が払い戻されるように、オッズが決まっています。

 

当たり前のことですが、オッズ同士の差が2倍になると、購入金額は1/2になっています。

 

 

 

 

今のオッズの状態で1番人気の馬に1000万円を賭けるとオッズは3.8倍から3.3倍まで下がります。

 

全体の購入金額は増えるので、その他のオッズは上がります。

 

 

 

 

1番人気が1着にならなかったときは、1000万の80%が的中した人たちに払い戻されるわけですからね。

 

2番人気の馬のオッズは5.6倍から5.9倍に上がります。

 

16番人気の馬のオッズは154.6倍から161.6倍に上がります。

 

 

 

重賞などの1レースで大きな金額が動くレースでは、そこまでのオッズの変動はなさそうですね。

 

投票すると、オッズは下がるので自分で自分の首をしめることになりますからね。

 

 

 

これが未勝利戦などになると、金額が1/10くらいになってしまうので、100万円でもこれくらいのオッズは動いてしまいます。

 

なので、大勝負をするならやはり重賞ということになりますね。

PR【馬券内は意外にわかりやすかった】荒れる東京新聞杯と安定のきさらぎ賞


東京新聞杯、きさらぎ賞のある指数データの結果です。



■東京新聞杯の見解

2017年〜2014年までの結果をみると一見大荒れのように見えます。

しかし、僕の見解では2017年と2016年の結果だけで十分です。

理由は、指数というのはデータの蓄積。年々精度が上がります。

2017年万馬券、2016年30万馬券、2015年と2014年は10万馬券ほどの決着です。

注目点は【指数1位〜4位まで】


2015年と2014年は10万馬券ほどの決着でしたが指数はボロボロ。

しかし、年々精度は上がり、2016年は30万馬券になりながらも指数3位4位が1着2着と好成績。

精度が上がってきている証拠です。2017年は万馬券決着でしたが、指数1位〜4位でしっかりと3連単を的中させてきています。


東京新聞杯の指数は日曜当日昼、

サイト運営者「北条のブログ」にて無料公開されますのでお楽しみに。

→ 無料会員登録ページ


■きさらぎ賞

このレースは安定的中です。

堅いのでそこまで配当に期待はできませんが、注目点は【指数1位〜3位】

2017年4着は指数1位、2014年4着は指数3位。

指数1位〜3位が2014年から毎年4着まで占めている結果となっています。

2017年1着だった単オッズ17.2倍、6人気アメリカズカップ。

距離適性はどう見ても1,800m。きさらぎ賞にばっちりハマっていた馬でした。

こんな穴馬が今年の出走馬にもいたら、買い目にプラスしてもいいかもしれません。


きさらぎ賞の安定的中の3連単買い目はコチラから

→ 無料会員登録ページ


実は先週、このデータの的中精度について話をしました。

【三連単的中率平均40%。東京は50〜70%まで飛躍】

先週の27日土曜日結果、その通りになりました。やっぱり東京に強い。

12レース中7レース3連単的中 的中率58.3%

6頭BOXの120点で買っても、回収率125.3%(36,560円勝ち)

5頭BOXの60点でも東京は十分、回収率250.7%(108,560円勝ち)






ぜひ注目してみてください。

→ 無料会員登録ページ


 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


もし、参考になることや共感されたことがあれば、バナーをクリックして応援お願いします。
↓↓↓


 

注目記事


このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク