UHB賞 2017 予想

スポンサーリンク


UHB賞 2017 予想

 

2017年8月6日(日)札幌11RのUHB賞の予想をしていきます。

 

UHB賞の過去5年の傾向について考察していきます。

 

2013年は函館競馬場で行われていたのでデータとしては除外しています。

 

 

 

 

 

過去の勝ち馬は先行馬が2頭、差し馬2頭という結果になっています。

 

なので、脚質はそこまでこだわらなくても良さそうです。

 

 

 

 

 

2016年を除くと、1番人気から4番人気の内の2頭が3着以内に入ってきています。

 

2016年も4着と5着にクビ差で3番人気、2番人気の順で入ってきています。

 

なので、人気馬を中心に考えたほうが良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

過去のレース結果

 

2016年は1番人気の先行馬が1着になりました。

 

2着は6番人気の先行馬で、3着は7番人気の先行馬でした。

 

3連単の金額は4万3460円でした。

 

 

 

 

 

2015年は3番人気の差し馬が1着になりました。

 

2着は5番人気の逃げ馬で、3着は1番人気の先行馬でした。

 

3連単の金額は2万9730円でした。

 

 

 

 

 

2014年は4番人気の差し馬が1着になりました。

 

2着は2番人気の先行馬で、3着は6番人気の差し馬でした。

 

3連単の金額3万5750円でした。

 

 

 

 

 

2012年は1番人気の先行馬が1着になりました。

 

2着は5番人気の先行馬で、3着は2番人気の先行馬でした。

 

3連単の金額は9730円でした。

 

着順 勝ち馬の脚質 3連単の金額
2016 1-6-7 先行馬 4万3460円
2015 3-5-1 差し馬 2万9730円
2014 4-2-6 差し馬 3万5750円
2012 1-5-3 先行馬 9730円

 

表にまとめるとこのようになりました。

 

勝ち馬はすべて1番人気から4番人気の馬でした。

 

人気馬が好走していますが、少し荒れた展開にもなっています。

 

 

 

 

今回おさえておくべきポイントはこちらです。

 

  • 勝ち馬はすべて1番人気から4番人気の馬
  • 人気馬が好走している

 

以上のことを踏まえて今年の予想をしていきます。

 

スポンサーリンク

 

今年の予想

 

5番のエポワスは戦績が良いです。

 

去年のUHB賞では2着,、一昨年は1着になっています。

 

なので、コース的には問題なさそうです。

 

最近のタイム的にも優秀なので、今回は本命にしようと思います。

 

 

 

 

 

7番のタマモブリリアンは戦績が良いです。

 

現在、6レース連続で3着に入っています。

 

調子が良さそうなので、抑えておいたほうがいいでしょう。

 

 

 

 

 

3番のヒルノデイバローは要注意です。

 

芝では重賞ばかり走っているので戦績はあまりよくありません。

 

ですが、タイム的には惜しいことが多いです。

 

なので、抑えておいたほうが良いでしょう。

 

 

 

 

 

9番のアルマワイオリの戦績は悪くないです。

 

前走も芝1200mで3着になっています。

 

タイム的に大きく敗れることは少ないので、期待できます。

 

抑えておいたほうが良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

6番のアドマイヤゴッドも戦績が良いです。

 

2走前には6着になっていますが、タイム的には0.3秒差なので問題ないです。

 

安定感があるので、抑えておいたほうが良いでしょう。

 

 

 

 

 

10番のナインテイルズは注意が必要です。

 

芝1200mでのタイムが悪くないです。

 

2走前は12着になっていますが、タイム的には0.4秒差なので問題ないです。

 

抑えておいたほうが良いかもしれません。

 

予想印

 

◎ 5 番 エポワス
○ 7 番 タマモブリリアン
▲ 3 番 ヒルノデイバロー
△ 9 番 アルマワイオリ
△ 6 番 アドマイヤゴッド
△ 10番 ナインテイルズ

 

本命をエポワスにした理由は以下の通りです。

 

  • 人気馬が毎回好走している
  • 重賞以外のレースでは連対率が高い
  • 去年のUHB賞は6番人気で2着で、一昨年は3番人気で1着

 

こちらの予想で行きたいと思います。

PR【菊花賞過去データを分析した結果】10月21、22日馬券的中を量産する方法

このデータを見つけたときは鳥肌が立ちました。
菊花賞にも他の全レースにも、このデータは使えると思います。

参考にしているデータは、このコラボ指数です。
コチラ

先に結論から言うと、今年の菊花賞や他の全レースを当てる為のポイントは、

1、コラボ指数30以下の馬をすべて選択
2、コラボ指数31以上の馬で単勝オッズ20倍以下の馬を追加選択


この2つです。説明すると
1、コラボ指数30以下は、過去競争データや血統からそのレースで走れると判断された馬。(図:赤線)
2、コラボ指数31以上は、過去競争データや血統からそのレースで走れないと判断された馬ですが、 単勝オッズ20倍以下になるという事は、過去データや血統からは拾い切れない走れる新鮮な条件が世の中で噂になっているという証拠。つまり穴馬になり得る馬。(図:青線)

コラボ指数と単勝オッズを組合せて見るだけで、上の条件が拾えるようになります。
※図は見やすいように、右から着順別にデータを並び替えてます。

■2014年菊花賞結果データ


■2015年菊花賞結果データ


■2017年10月14日(日)20万馬券以上決着のレース



すべて僕が指摘した条件通りにレースが決まっています。
コラボ指数をそのまま使っても拾え切れないデータが必ず出てきます。
でも、コラボ指数と単勝オッズを組合せただけですごいデータを拾う事ができます。

今週の菊花賞、そして平場、特別戦、的中馬券を量産する為に、
参考にしてみてはいかがでしょうか。
コチラ

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


もし、参考になることや共感されたことがあれば、バナーをクリックして応援お願いします。
↓↓↓


 

注目記事


このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク