NST賞 2017 予想

スポンサーリンク


NST賞 2017 予想

 

2017年8月20日(日)新潟11RのNST賞の予想をしていきます。

 

NST賞がOP戦になった2009年からのデータの傾向について考察していきます。

 

2012年はダートではなく、芝1800mで行われていたので、データは除外しています。

 

 

 

 

過去の勝ち馬は逃げ、先行馬が5頭、差し馬2頭という結果になっています。/span>

 

なので、本命は逃げ、先行馬にしようと思います。。

 

 

 

 

 

7レース中6レースで6番人気以降の馬が3着以内に入ってきていました。

 

さらに1着、2着にもなっているので、人気薄の馬にも注目が必要です。

 

スポンサーリンク

 

過去のレース結果

 

2016年は6番人気の逃げ馬が1着になりました。

 

2着は2番人気の先行馬で、3着は14番人気の先行馬でした。

 

3連単の金額は38万5230円でした。

 

 

 

 

 

2015年は7番人気の差し馬が1着になりました。

 

2着は5番人気の先行馬で、3着は3番人気の先行馬でした。

 

3連単の金額は13万4410円でした。

 

 

 

 

 

2014年は1番人気の先行馬が1着になりました。

 

2着は2番人気の先行馬で、3着は3番人気の先行馬でした。

 

3連単の金額は7780円でした。

 

 

 

 

2013年は4番人気の差し馬が1着になりました。

 

2着は9番人気の差し馬で、3着は3番人気の差し馬でした。

 

3連単の金額は8万7880円でした。

 

 

 

 

 

2011年は5番人気の先行馬が1着になりました。

 

2着は1番人気の先行馬で、3着は6番人気の差し馬でした。

 

3連単の金額は2万0050円でした。

 

 

 

 

 

2010年は2番人気の逃げ馬が1着になりました。

 

2着は1番人気の先行馬で、3着は8番人気の先行馬でした。

 

3連単の金額は2万1750円でした。

 

 

 

 

 

2009年は1番人気の先行馬が1着になりました。

 

2着は9番人気の差し馬で、3着は2番人気の逃げ馬でした。

 

3連単の金額は1万8490円でした。

 

 

 

 

着順 勝ち馬の脚質 3連単の金額
2016 6-2-14 逃げ馬 38万5230円
2015 7-5-3 差し馬 13万4410円
2014 1-2-3 先行馬 7800円
2013 4-9-3 差し馬 8万7880円
2011 5-1-6 先行馬 2万0050円
2010 2-1-8 逃げ馬 2万1750円
2009 1-9-2 先行馬 1万8490円

 

表にまとめるとこのようになりました。

 

7レース中6レースで6番人気以降の馬が3着以内に入ってきていました。

 

去年と一昨年は、6番人気と7番人気の馬が1着になっているので、人気薄の馬にも注意が必要です。

 

 

 

 

今回おさえておくべきポイントはこちらです。

 

  • 逃げ、先行馬の勝率が高い
  • 6番人気以降の馬が7レース中6レースで3着以内に入ってきている

 

以上のことを踏まえて今年の予想をしていきます。

 

スポンサーリンク

 

今年の予想

 

14番のブルミラコロは戦績が良いです。

 

間近の2走は敗れています。

 

前走は芝なので敗れていても問題ないです。

 

2走前は重賞なのでこちらも問題ないでしょう。

 

それ以外のレースでは1回を除くとすべて3着以内になっています。

 

その1回も4着なので、非常に安定感があります。

 

なので、本命にしようと思います。

 

 

 

 

 

2番のエイシンローリンは注意が必要です。

 

去年のNST賞で6番人気で1着になっています。

 

去年と同様に人気があまり出なければ狙い目だと思います。

 

長期休養明けなのは、少し不安要素ではあります。

 

ですが、抑えておいたほうが良いでしょう。

 

 

 

 

 

12番のニットウスバルは戦績が良いです。

 

ダート1200mでの戦績は優秀です。

 

悪くても4着までには入っています。

 

安定感があるので、抑えておいたほうが良いでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

1番のカジキも注意が必要です。

 

戦績にムラがあるので、調子がよければ上位に入ってくると思います。

 

去年のNST賞では8番人気で4着になっています。

 

なので、穴馬として抑えておいてもよいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

10番のドラゴンゲートは戦績が悪くないです。

 

最近は敗れていますが、タイム的には大きく敗れていません。

 

展開的にも前から行くタイプなので有利だと思います。

 

なので、抑えておいたほうが良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

15番のマイネルバールマンは注意が必要です。

 

まだダートは2戦しか走っていません。

 

ですが、前走はOP戦で9番人気で1着になっています。

 

まだ不安要素はありますが、抑えておいたほうが良いでしょう。

 

予想印

 

◎ 14番 ブルミラコロ
○ 12番 ニットウスバル
▲ 6 番 エイシンローリン
△ 10番 ドラゴンゲート
△ 15番 マイネルバールマン
△ 1 番 カジキ

 

 

ブルミラコロを本命にした理由は以下の通りになります。

 

  • 戦績の安定感

 

間近の2走は敗れていますが、どちらも芝と重賞なので問題ないと思います。

 

その2戦以外の戦績を見ると安定感がすごいですから、本命にしました。

 

こちらの予想でいきたいと思います。

スポンサーリンク

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


もし、参考になることや共感されたことがあれば、バナーをクリックして応援お願いします。
↓↓↓


 

注目記事


このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク