新潟2歳ステークス 2017 予想と過去の傾向

スポンサーリンク


新潟2歳ステークス 2017 予想と過去の傾向

 

2017年8月27日(日)新潟11Rの新潟2歳ステークスの予想をしていきます。

 

新潟2歳ステークスの過去10年の傾向について考察していきます。

 

 

 

過去の勝ち馬は先行馬が1頭、差し、追い込み馬9頭という結果になっています。

 

なので、本命は差し、追い込み馬にしようと思います。

 

 

 

 

過去の勝ち馬は2010年も除くと、すべて1番人気から4番人気の馬でした。

 

内訳は1番人気が4頭、2番人気が0頭、3番人気が3頭、4番人気が2頭でした。

 

なので、勝ち馬は人気馬から選んだほうがよさそうです。

 

 

 

 

 

10レース中8レースで3連単が5万円以上になっていました。

 

2007年には142万円という高額配当も出ています。

 

なので、荒れるレースと言えます。

 

 

 

 

 

 

10レース中7レースで9番人気以降の馬が3着以内に入っていました。

 

なので、人気薄の馬の好走に注意が必要です。

 

 

スポンサーリンク

 

過去のレース結果

 

2016年は3番人気の差し馬が1着になりました。

 

2着は6番人気の追い込み馬で、3着は2番人気の先行馬でした。

 

3連単の金額は5万6360円でした。

 

 

 

 

 

2015年は1番人気の追い込み馬が1着になりました。

 

2着は12番人気の先行馬で、3着は8番人気の差し馬でした。

 

3連単の金額は26万1060円でした。

 

 

 

 

 

2014年は3番人気の差し馬が1着になりました。

 

2着は1番人気の差し馬で、3着は6番人気の先行馬でした。

 

3連単の金額は1万6440円でした。

 

 

 

 

2013年は1番人気の追い込み馬が1着になりました。

 

2着は4番人気の差し馬で、3着は6番人気の差し馬でした。

 

3連単の金額は3万1910円でした。

 

 

 

 

 

2012年は3番人気の差し馬が1着になりました。

 

2着は10番人気の差し馬で、3着は9番人気の先行馬でした。

 

3連単の金額は47万1970円でした。

 

 

 

 

 

2011年は4番人気の差し馬が1着になりました。

 

2着は1番人気の差し馬で、3着は9番人気の差し馬でした。

 

3連単の金額は5万7810円でした。

 

 

 

 

 

2010年は9番人気の差し馬が1着になりました。

 

2着は10番人気の先行馬で、3着は5番人気の先行馬でした。

 

3連単の金額は86万7410円でした。

 

 

 

 

 

2009年は1番人気の追い込み馬が1着になりました。

 

2着は15番人気の差し馬で、3着は2番人気の差し馬でした。

 

3連単の金額は11万0120円でした。

 

 

 

 

 

2008年は1番人気の差し馬が1着になりました。

 

2着は15番人気の差し馬で、3着は4番人気の先行馬でした。

 

3連単の金額は17万3450円でした。

 

 

 

 

 

2007年は4番人気の先行馬が1着になりました。

 

2着は16番人気の差し馬で、3着は9番人気の差し馬でした。

 

3連単の金額は142万3010円でした。

 

 

 

着順 勝ち馬の脚質 3連単の金額
2016 3-6-2 差し馬 5万6360円
2015 1-12-8 追い込み馬 26万1060円
2014 3-1-6 差し馬 1万6400円
2013 1-4-6 差し馬 3万1910円
2012 3-10-9 差し馬 47万1970円
2011 4-1-9 差し馬 5万7810円
2010 9-10-5 差し馬 86万7410円
2009 1-15-2 追い込み馬 11万0120円
2008 1-15-4 差し馬 17万3450円
2007 4-16-9 先行馬 142万3010円

 

表にまとめるとこのようになりました。

 

すべてのレースで6番人気以降の馬が3着以内に入ってきていました。

 

さらに、10レース中7レースで9番人気以降の馬が3着以内に入ってきています。

 

1着馬はあくまで人気馬が多いですが、荒れた展開になることが多いレースです。

 

 

 

今回おさえておくべきポイントはこちらです。

 

  • 差し、追い込み馬の勝率が高い
  • 10レース中9レースで1番人気から4番人気の馬が1着になっている
  • 10レース中7レースで9番人気以降の馬に3着以内に入ってきている
  • 10レース中8レースで3連単の金額が5万円以上になっている

 

以上のことを踏まえて今年の予想をしていきます。

 

スポンサーリンク

 

今年の予想

 

1番のムスコローソは新馬戦で5馬身差をつけて圧勝しています。

 

そのときの2着馬がその後の未勝利戦で3馬身差をつけて勝っています。

 

なので、期待できると思います。

 

 

 

 

 

3番のテンクウは新馬戦で1番人気で1着になっています。

 

そのときの2着馬がその次の未勝利戦で3馬身差をつけて勝っていますし、OP戦でも3着になっています。

 

なので、期待できそうです。

 

 

 

 

 

5番のオーデットエールは新馬戦で新潟1600mで1着になっています。

 

新馬戦のタイムとしては速いタイムでした。

 

3着馬以降の馬には圧勝していました。

 

2014年には新馬戦のタイムがオーデットエールより遅かった3番人気の馬が1着になっています。

 

なので、今回は本命にしようと思います。

 

 

 

 

 

14番のダンツセイケイは未勝利戦で新潟1600mで1着になっています。

 

前半はかなりスローペースでしたが、逃げて1着になっています。

 

なので、抑えておいたほうが良いかもしれません。

 

 

 

 

 

13番のシンデレラメイクは新馬戦で5馬身差をつけて圧勝しています。

 

そのときの2着馬がその次の未勝利戦でも勝てていないので、そこまで強くは推せないです。

 

ですが、抑えておいたほうが良いでしょう。

 

 

 

 

 

15番のコーディエライトは未勝利戦で6馬身差をつけて圧勝しています。

 

逃げて、上がりタイムが2番目に速かったので期待できそうです。

 

なので、抑えておいたほうが良いでしょう。

 

予想印

 

◎ 5 番 オーデットエール
○ 1 番 ムスコローソ
▲ 3 番 テンクウ
△ 15番 コーディエライト
△ 14番 ダンツセイケイ
△ 13番 シンデレラメイク

 

オーデットエールを本命にした理由は以下の通りになります。

 

  • 新馬戦で新潟1600mで1着
  • 新馬戦のタイムとしては速かった

 

新馬戦では今回と同じコースで見事な走りをしていました。

 

3着馬には大差をつけて勝っていました。

 

2014年に新潟2歳Sを勝ったミュゼスルタンの新馬戦よりも速いタイムでした。

 

レース展開的にも後方からいっていたので、今回も期待できると思います。

 

こちらの予想で行きたいと思います。

スポンサーリンク

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


もし、参考になることや共感されたことがあれば、バナーをクリックして応援お願いします。
↓↓↓


 

注目記事


このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク