新潟記念 2017 予想

スポンサーリンク


新潟記念 2017 予想

 

2017年9月3日(日)新潟11Rの新潟記念の予想をしていきます。

 

まずは新潟記念の過去10年の傾向について考察していきます。

 

過去のレース結果

着順 勝ち馬の脚質 3連単の金額
2016 2-1-9 追い込み馬 5万9970円
2015 6-9-13 先行馬 38万4550円
2014 1-5-3 差し馬 2万8290円
2013 10-8-7 差し馬 55万8010円
2012 7-9-8 差し馬 31万3130円
2011 5-9-3 先行馬 10万2850円
2010 5-10-4 先行馬 13万4970円
2009 5-6-12 差し馬 19万6790円
2008 16-2-14 差し馬 102万8690円
2007 2-10-7 先行馬 27万7430円

 

表にまとめるとこのようになりました。

 

過去の勝ち馬は先行馬が4頭、差し、追い込み馬は6頭という結果になっていました。

 

そこまで差がないので、脚質はそこまで気にしなくても良さそうです。

 

 

 

 

過去の勝ち馬は10レース中3レースで2番人気までの馬でした。

 

内訳は1番人気が1頭、2番人気が2頭でした。

 

そのほかの7レースでは5番人気以降の馬が1着になっていました。

 

なので、人気薄の馬にも注目が必要なレースだと言えます。

 

 

 

 

 

さらに、10レース中9レースで9番人気以降の馬が3着以内に入ってきていました。

 

3連単の金額も9レースで5万円を超えていました。

 

なので、高額配当を狙えるチャンスがあるレースと言えます。

 

 

 

また1番人気馬の信頼度が低いレースでもあります。

 

1番人気馬は1着が1回と2着が1回以外はすべて着外でした。

 

10レース中8レースで着外ですから、今年の1番人気馬がどうなるのかも注目ですね。

 

スポンサーリンク

 

過去の1番人気馬について考察

 

1番人気馬の信頼度が低いレースだったので、過去の1番人気馬と今年の1番人気馬に共通点があるのかを調べてみようと思います。

 

共通点が多ければ今年も危ないということになりますし、なければ抑えておく必要がありますからね。

 

まずは2着以内に入ってきた2016年のアルバードドックと2014年のマーティンボロから見ていきます。

 

 

 

マーティンボロはG3の2戦を1着、2着とこなしてきて、新潟記念で1番人気になっています。

 

中日新聞杯と小倉記念で戦績を残していました。

 

 

 

アルバートドックは前走のG3の七夕記念で3番人気で1着になって1番人気になっています。

 

戦績もG3では2勝していました。

 

 

 

 

 

 

ここからは着外になった8頭について見ていきたいと思います。

 

 

2015年のミュゼスルタンは18頭中16着でタイム差は1.2秒でした。

 

新潟2歳ステークスでは1着になっていて、NHKマイルでも3着になっています。

 

芝1600mでの実績はありましたが、それ以上のレースでの実績はありませんでした。

 

 

 

 

 

2013年のニューダイナスティは14頭中5着でタイム差は0.6秒でした。

 

こちらは1600万条件で2連勝してから参戦していました。

 

3歳の重賞には参戦していましたが、3着以内になったことはありません。

 

 

 

 

 

2012年のトーセンラーは18頭中7着でタイム差は0.2秒でした。

 

G3で3レース連続で3着以内に入ってきての参戦です。

 

3レース中2レースで1番人気に推されながらもいずれも2着でした。

 

同じ新潟芝2000mで行われる新潟大賞典では3番人気で11着になっていました。

 

3歳の重賞では勝ったことがありました。

 

 

 

 

 

2011年のタッチミーノットは11頭中4着でタイム差は0.3秒でした。

 

前走は七夕賞で2番人気で2着になっていました。

 

同じ芝2000mで行われる新潟大賞典では1番人気で6着になっていました。

 

重賞を勝ったことはありませんでした。

 

 

 

 

 

2010年のスマートギアは17頭中6着でタイム差は0.1秒でした。

 

前走は小倉記念で1番人気で3着でした。

 

それ以外の重賞でもたびたび3着以内には入っていましたが、勝ったことはありませんでした。

 

 

 

 

 

2009年のアルコセニョーラは18頭中の5着でタイム差は0.1秒でした。

 

前走は七夕賞で4番人気で2着になっていました。

 

2008年の新潟記念の1着馬でした。

 

 

 

 

 

2008年のダイシングロウは18頭中の18着でタイム差は2.9秒でした。

 

前走は小倉記念で1番人気で2着になっていました。

 

小倉記念以外は重賞は走っていませんでした。

 

 

 

 

2007年のアドマイヤモナークは18頭中の6着でタイム差は0.6秒でした。

 

前走は七夕記念で2番人気で2着になっていました。

 

重賞では勝ったことがありませんでした。

 

 

 

 

調べてみてわかったことは、着外になった馬でも2パターンいるということです。

 

タイム的に3着以内に入ってきていてもおかしくなかった馬と3着以内に入ってくることはなさそうな馬です。

 

トーセンラー、スマートギア、アルコセニョーラこちらの3頭はタイム的に3着以内に入っていてもおかしくありませんでした。

 

タッチミーノットもタイム的には0.3秒差でしたが、11頭だったことなどを考慮して外しています。

 

 

 

 

トーセンラーとスマートギアは重賞でもたびたび良い順位を残していました。

 

アルコセニョーラは安定感はありませんでしたが、新潟記念で勝ったことがありました。

 

なので、結論として1番人気馬でも次の条件に当てはまる馬は抑えておいたほうがよいです。

 

  • 重賞でたびたび3着以内に入ってきている
  • 過去に3歳以上の重賞で勝っている

 

スポンサーリンク

 

過去の勝ち馬の特徴

 

続いては、過去の勝ち馬の特徴を調べてみました。

 

こちらの特徴と合致する馬が今年の出走馬にいれば抑える必要がありますからね。

 

 

 

2016年は2番人気で6.1倍のアデイインザライフです。

 

3歳以上の重賞は初挑戦でしたが、3歳の重賞では3着に2回なっていました。

 

戦績も安定していて、着外になったのは12レース中2レースだけでした。

 

そのうちの1回がG1でほかの1回が4着でした。

 

 

 

 

 

2015年は6番人気で9.1倍のパッションダンスでした。

 

新潟の芝2000mの新潟大賞典で6番人気で1着になっていました。

 

それ以外の重賞では3着以内になったことはありませんでしたが、タイム差的には惜しい順位が非常に多く安定感がありました。

 

 

 

 

 

2014年は1番人気で4.6倍のマーティンボロでした。

 

前走は小倉記念で6番人気で2着になっていました。

 

2走前は中日新聞杯で10番人気で1着になっていました。

 

 

 

 

 

2013年は10番人気で65.3倍のコスモネモシンでした。

 

3歳以上の重賞では、何度か3着以内に入っていますが、勝ってはいませんでした。

 

3歳の重賞では勝ったことがありました。

 

 

 

 

 

2012年は7番人気で14.7倍のトランスワープでした。

 

前走は函館記念で4番人気で1着になっていました。

 

それ以外は重賞は走っていませんでした。

 

 

 

 

 

2011年は5番人気で8.2倍のナリタクリスタルでした。

 

前走は小倉記念で1番人気で6着になっていました。

 

2010年の新潟記念で5番人気で1着になっていました。

 

そのレース以外でも重賞ではたびたび3着以内に入っていました。

 

 

 

 

2010年は5番人気で9.4倍のナリタクリスタルでした。

 

前走は小倉記念で2番人気で4着になっていました。

 

小倉大賞典では2着、中京記念では6着ですが、タイム的には0.4秒差でした。

 

 

 

 

2009年は5番人気で9.9倍のホッコーパドゥシャでした。

 

前走は小倉記念で1番人気で2着でした。

 

2走前も七夕記念で2番人気で3着でした。

 

 

 

 

2008年は16番人気で49.1倍のアルコセニョーラでした。

 

前走は七夕記念で6番人気で12着でした。

 

福島記念で5番人気で1着になっている以外は重賞での戦績はよくありませんでした。

 

 

 

 

2007年は2番人気で5.4倍のユメノシルシでした。

 

芝に以降してきてからは天皇賞(春)以外はすべて3着以内に入っていました。

 

前走は七夕記念で3番人気で3着でした。

 

 

 

重賞である程度結果を残している馬が勝っていますね。

 

戦績が安定している馬と過去に重賞を勝っている馬の中から本命馬を決めようと思います。

 

スポンサーリンク

 

今年の予想

 

新潟記念はゴール前が混戦になることが多いレースです。

 

なので、わずかな差で人気馬が3着以内に入らないことが多くなっています。

 

 

 

 

11番のアストラエンブレムは戦績が非常に優秀です。

 

重賞以外ではすべて3着以内に入っています。

 

重賞でも悪い順位が4着なので安定感がすごいです。

 

1番人気の信頼度が低いレースですが、1番人気になったとしても抑えておくべき馬です。

 

重賞は勝ってはいませんが、タイム的にも非常に惜しいのでまず抑える必要があります。

 

 

 

 

 

12番のマイネルフロストも戦績が良いです。

 

ここ最近の重賞は3戦連続で3着以内に入っています。

 

新潟大賞典でも、11番人気で2着になっていますから、まず抑えたほうがよいです。

 

新潟大賞典で結果を残している馬は新潟記念でも結果を残している馬が多いです。

 

同じコースなので当たり前ですが、抑えておく必要があります。

 

 

 

 

 

2番のルミナスウォリアーも戦績が安定しています。

 

前走は函館記念で5番人気で1着になっています。

 

去年の新潟記念でも0.3秒差の5着ですから、抑えておく必要があります。

 

他の重賞でも惜しい順位が多いので、安定感もあるので本命にしようと思っています。

 

 

 

 

 

1番のタツゴウゲキも戦績が良いです。

 

前走は小倉記念で4番人気で1着になっています。

 

七夕記念でもタイム差的には0.4秒ですからそこまで敗れていません。

 

なので、抑えておいたほうが良さそうです。

 

 

 

 

 

8番のフルーキーは注意が必要です。

 

今年の新潟大賞典で4番人気で4着になっています。

 

去年の新潟大賞典でも1番人気で2着になっています。

 

なので、新潟コースでは抑えておくべき馬だと思います。

 

さらに、他の重賞でも大きく崩れることがないので狙い目です。

 

穴馬として抑えておこうと思います。

 

 

 

 

 

14番のラストインパクトも戦績は良いです

 

2014年には新潟大賞典で3着になっています。

 

過去の戦績は優秀ですが、最近ではダートに挑戦などもしています。

 

荒れた展開になるレースですから抑えておこうと思います。

 

 

 

 

 

10番のソールインパクトも戦績は良いです。

 

前走は七夕記念で7番人気で3着になっています。

 

京成杯でも4着でタイム差は0.1秒以下でした。

 

なので、今回は抑えておこうと思います。

 

予想印

 

◎ 2 番 ルミナスウォリアー
○ 11番 アストラエンブレム
▲ 12番 マイネルフロスト
△ 1 番 タツゴウゲキ
△ 8 番 フルーキー
△ 10番 ソールインパクト
△ 14番 ラストインパクト

 

ルミナスウォリアーを本命にした理由は以下の通りになります。

 

  • 前走の函館記念で5番人気で1着
  • 去年の新潟記念での走り

 

 

新潟記念の過去の勝ち馬は重賞を勝っているか、勝っていなくても重賞での戦績が良い馬が多いです。

 

そういった意味で言うと、アストラエンブレム、マイネルフロストは3歳以上の重賞は勝ってはいませんが戦績は安定しています。

 

一方、タツゴウゲキとルミナスウォリアーは前走で重賞を勝っています。

 

なので、その4頭の中から本命を選びました。

 

 

 


2012年のトランスワープのように、ルミナスウォリアーにも函館記念を勝ったそのままの勢いで新潟記念も勝ってもらいたいと思います。

 

元々、安定感があるので、1着にならなくても上位には来ると思います。

 

こちらの予想で行きたいと思います。


───────────────────────

【秋華賞】◎ディアドラから1万4760円的中

【府中牝馬S】◎クロコスミアから1万9390円的中

───────────────────────


今年の菊花賞はダービージョッキー・大西直宏に任せろ!!

馬連でも30倍以上を狙う『勝負の1点』無料公開


『アルアインの2冠はあるのか!?』


その答えは大西直宏には完璧に見えている!


無料で教えます!



========================


先週の重賞は2戦2勝!

この秋のGIも2戦2勝!


========================


【先週】秋華賞(G1)

◎ディアドラ

△リスグラシュー

○モズカッチャン

【1万4760円的中】


【先週】府中牝馬S(G2)

◎クロコスミア

○ヴィブロス

▲アドマイヤリード

【1万9390円的中】


スプリンターズS(G1)

◎レッドファルクス

△レッツゴードンキ

△ワンスインナムーン

【7650円的中】


========================


それ以外にも万券多数!


========================


東京4日目1R

◎カナメ

◎ノーボーダー

2万9870円的中!


東京初日7R

◎マイネルクラース

3万5880円的中!


京都初日4R

◎スターリーステージ

3万0400円的中!


京都初日2R

◎ホウショウナウ

2万1550円的中!


京都初日12R

◎チェイスダウン

1万4360円的中!


京都3日目3R

◎ソシアルクラブ

1万2840円的中!


京都1日目1R

◎アスターソード

1万2820円的中!


その他的中多数!


【菊花賞】勝負の1点はコチラ



 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


もし、参考になることや共感されたことがあれば、バナーをクリックして応援お願いします。
↓↓↓


 

注目記事


このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク