紫苑ステークス 2017 予想と過去の傾向

スポンサーリンク


紫苑ステークス 2017 予想と過去の傾向

 

2017年9月9日(土)中山11Rの紫苑ステークスの予想をしていきます。

 

まずは紫苑ステークスの過去10年の傾向について考察していきます。

 

2014年は新潟で行われていたのでデータとしては除外しています。

 

過去のレース結果

着順 勝ち馬の脚質 3連単の金額
2016 1-3-5 差し馬(マクリ) 1万4590円
2015 8-5-6 差し馬 8万4840円
2013 6-2-7 逃げ馬 4万4900円
2012 1-4-8 差し馬 4万8520円
2011 4-6-12 差し馬(マクリ) 43万1040円
2010 2-6-1 差し馬 1万6660円
2009 11-4-5 差し馬 48万8650円
2008 4-2-1 差し馬(マクリ) 1万0900円
2007 5-2-6 差し馬(マクリ) 3万5400円

 

表にまとめるとこのようになりました。

 

過去の勝ち馬は逃げ馬が1頭、差し馬は8頭という結果になっていました。

 

なので、本命は差し馬にしたほうがよさそうです。

 

 

 

 

過去の勝ち馬は9レース中4レースで4番人気までの馬でした。

 

内訳は1番人気が2頭、2番人気が1頭、4番人気が1頭でした。

 

そのほかの5レースでは5番人気以降の馬が1着になっていました。

 

なので、人気薄の馬にも注目が必要なレースだと言えます。

 

スポンサーリンク

 

今年の予想

 

今回はディアドラ以外は目立った戦績を残している馬がいないので、荒れる可能性が高そうです。

 

なので、ディアドラを軸にして馬連で流してみれば展開しだいで高配当を狙えそうです。

 

 

 

 

 

16番のディアドラは戦績が安定しています。

 

オークスや桜花賞でも惜しい順位になっています。

 

どちらのレースでも上がりは最速でしたから、今回はまず抑えておきたい1頭です。

 

その他のレースでも戦績に安定感があります。

 

なので、今回は本命にしようと思っています。

 

 

 

 

 

 

3番のライジングリーズンは中山での戦績が良いです。

 

中山のマイルでの戦績は3戦3勝です。

 

中山のマイルではディアドラにも勝っています。

 

そのときは上がり最速タイムを記録しています。

 

今回は2000mですが、抑えておこうと思います。

 

 

 

 

 

 

15番のルヴォワールは2戦2勝です。

 

両方とも今回と同じ中山2000mでした。

 

タイム的には速くありませんでしたが、抑えておこうと思います。

 

 

 

 

 

 

8番のホウオウパフュームが戦績が悪くないです。

 

最近の2戦は重賞で敗れています。

 

ですが、その前は中山2000mで快勝しています。

 

なので、今回は抑えておこうと思います。

 

 

 

 

 

 

11番のカリビアンゴールドも戦績が悪くないです。

 

重賞では敗れていますが、それ以外では上がり最速タイムを記録しています。

 

なので、抑えておこうと思います。

 

 

 

 

 

 

17番のシーズララバイは注意が必要です。

 

中山1800mで行われたフラワーCで8番人気で2着になっています。

 

上がりタイムは最速だったので、抑えておこうと思います。

 

予想印

 

◎ 16番 ディアドラ
○ 3 番 ライジングリーズン
▲ 15番 ルヴォワール
△ 8 番 ホウオウパフューム
△ 11番 カリビアンゴールド
△ 17番 シーズララバイ

 

 

ディアドラを本命にした理由は以下の通りになります。

 

  • オークスや桜花賞で上がり最速タイムを記録

 

 

やはり、オークスや桜花賞で上がり最速タイムを記録している脚に期待しています。

 

ですが、どちらも3着以内には入っていません。

 

今回も勝ちきるイメージがあまりわかないので、あくまで軸として選びました。

 

ディアドラ以外の馬を本命にしようとどの馬にするかが難しいですし、安定して上位に来そうなので軸として選びました。

 

人気薄の馬が相手としてくれば、高配当を期待できますからね。

 

今回はこちらの予想で行こうと思います。

PR【馬券になる共通点が見つかった】アメリカJCC(G2)、東海S(G2)


1月3週目G2の2連戦 21日(日)開催

中山11R アメリカJCC(G2)

中京11R 東海S(G2)

このデータを見てみてください。



これでもかと馬券に絡んでくるデータがあります。


この2レースの予想で難しいのは、「みごとなまでの上位人気馬の凡走」

例えば2017年

アメリカJCC 1着14.7倍の7人気

東海S 1着1人気だったものの、2着96.3倍の12番人気、3着59.6倍の10番人気


予想外の馬がバンバン馬券に絡んできます。

もはやオッズなんて予想の参考になりません。

こういったレースは、複勝やワイドでも美味しい馬券になるチャンスです。

的中をつかむコツがあります。それは、


【過去数年、同じ方法で予想をしてきた結果データの共通点を見つける事】


使うデータは2018年1週目「中山金杯、京都金杯、フェアリーS、3連続単勝的中」させたこちらの指数です。

→ 無料会員登録ページ


各レースで、ある共通点が見つかりました。

それは、

■中山11R アメリカJCC(G2)

→指数1、2、3位馬が3頭中2頭、3年連続馬券内


■中京11R 東海S(G2)

→指数4位馬、直近3年連続単勝的中+4年連続馬券内




アメリカJCC(G2)データは無料公開が決定しています。

このデータを参考に馬券を組み立ててみてはいかがでしょうか。

→ 無料会員登録ページ

※無料公開のアメリカJCCの指数は、レース当日の昼に北条のブログで公開されます。



 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


もし、参考になることや共感されたことがあれば、バナーをクリックして応援お願いします。
↓↓↓


 

注目記事


このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク