京成杯オータムハンデ 2017 予想と過去の傾向

スポンサーリンク


京成杯オータムハンデ 2017 予想と過去の傾向

 

2017年9月10日(日)中山11Rの京成杯オータムハンデの予想をしていきます。

 

まずは京成杯オータムハンデの過去10年の傾向について考察していきます。

 

2014年は新潟で行われていたのでデータとしては除外しています。

 

過去のレース結果

着順 勝ち馬の脚質 3連単の金額
2016 1-6-2 差し馬 1万9430円
2015 13-11-7 差し馬 222万7820円
2013 3-2-7 差し馬 2万8410円
2012 2-6-4 差し馬 5万9410円
2011 2-7-3 差し馬 3万5040円
2010 4-7-5 先行馬 6万6000円
2009 2-14-3 先行馬 67万7660円
2008 3-10-2 差し馬 12万4050円
2007 2-4-1 先行馬 1万2070円

 

表にまとめるとこのようになりました。

 

過去の勝ち馬は先行馬が3頭、差し馬は6頭という結果になっていました。

 

なので、先行馬より差し馬のほうが結果を残していました。

 

 

 

 

過去の勝ち馬は9レース中8レースで4番人気までの馬でした。

 

内訳は1番人気が1頭、2番人気が4頭、3番人気が2頭、4番人気が1頭でした。

 

なので、勝ち馬は人気馬を中心に考えたほうがよさそうです。

 

 

 

 

また、1番人気馬の信頼度は低かったです。

 

3着以内に入ってきたのは、過去9レース中2レースだけでした。

 

なので、1番人気馬の扱いには注意をしたほうが良さそうです。

 

スポンサーリンク

 

過去の1番人気馬について考察

 

1番人気馬の信頼度が低いレースだったので、過去の1番人気馬と今年の1番人気馬に共通点があるのかを調べてみようと思います。

 

共通点が多ければ今年も危ないということになりますし、なければ抑えておく必要がありますからね。

 

まず、3着以内に入ってきた2頭について見ていきたいと思います。

 

2016年は1番人気のロードクエストが1着になりました。

 

3歳の重賞ではNHKマイルで2着になっていました。

 

フジTVスプリングSでも3着になっていました。

 

他にも1番人気になったときは3着以内になっていました。

 

前走はオークスで11着でした。

 

 

 

 

2007年は1番人気のマイネルシーガルが3着になりました。

 

フジTVスプリングSでも2着になっていました。

 

前走はNHKマイルで8着でした。

 

 

 

 

 

ここからは着外になった7頭についてみていきたいと思います。

 

2015年のアルビアーノは16頭中7着でタイム差は0.1秒でした。

 

NHKマイルで2着、フラワーCでは1着になっていました。

 

前走は関東オークスで4着でした。

 

 

 

 

 

2013年のルナは14頭中10着でタイム差は1.1秒でした。

 

1600万条件からの重賞挑戦でしたので、過去に重賞を走ったことはありませんでした。

 

前走は1600万条件で1着でした。

 

 

 

 

 

2012年のエーシンリターンズは16頭中7着でタイム差は0.9秒でした。

 

3歳の重賞では桜花賞やチューリップ賞で3着になっていました。

 

前走は関屋記念で5番人気で2着になっていました。

 

 

 

 

 

2011年のエアラフォンは14頭中5着でタイム差は0.5秒でした。

 

前走は関屋記念で2番人気で2着になっていました。

 

それ以外は重賞は走っていませんでした。

 

 

 

 

 

2010年のセイクリッドバレーは14頭中9着でタイム差は0.4秒でした。

 

前走は関屋記念で2番人気で2着になっていました。

 

重賞でも惜しい順位が多かったです。

 

 

 

 

2009年のヒカルオオゾラは16頭中9着でタイム差は0.4秒でした。

 

前走は関屋記念で1番人気で2着でした。

 

エプソムカップでの2年連続で2着になっていました。

 

 

 

 

 

2008年はリザーブカードは16頭中6着でタイム差は0.8秒でした。

 

前走は関屋記念で5番人気で2着になっていました。

 

マイルの重賞でもたびたび惜しい順位になっていました。

 

 

 

 

前走が関屋記念で2着になっている馬が1番人気になった場合はタイム差をつけられて負けていることがわかりました。

 

また、1番人気で敗れていた馬の中でもタイム差が惜しく、3着までなら入ってきてもおかしくない馬たちもいました。

 

2015年と2011年と2010年と2009年の1番人気が該当しています。

 

過去に重賞で惜しい順位を取っている馬は好走していました。

 

今回の1番人気馬が過去に重賞で好走していれば、抑えておいたほうがよさそうです。

 

過去の勝ち馬の特徴

 

続いては、過去の勝ち馬の特徴を調べてみました。

 

こちらの特徴と合致する馬が今年の出走馬にいれば抑える必要がありますからね。

 

2016年は1番人気で2.8倍のロードクエストでした。

 

3歳の重賞ではNHKマイルで2着になっていました。

 

フジTVスプリングSでも3着になっていました。

 

前走はオークスで11着でした。

 

 

 

 

2015年は13番人気で62.7倍のフラアンジェリコでした。

 

過去は福島記念で13番人気で2着になった以外は重賞で3着以内になっていません。

 

前走は七夕賞で11着でした。

 

 

 

 

2013年は3番人気で5.4倍のエクセラントカーヴでした。

 

1000万条件と1600万条件で4連勝していました。

 

前走は1600万条件で1着でした。

 

3歳の重賞では3着になっていました。

 

 

 

 

2012年は2番人気で4.8倍のレオアクティブでした。

 

朝日フューチュリティSでは3着になっていました。

 

前走はOP戦で1着でした。

 

 

 

 

 

2011年は2番人気で3.6倍のフィフスペトルでした。

 

朝日フューチュリティSでは2着になっていました。

 

ダービー卿Cでも4着になっていました。

 

前走はOP戦で1着でした。

 

 

 

 

 

2010年は4番人気で7.1倍のファイアーフロートでした。

 

重賞には出走していませんでした。

 

前走は1600万条件で1着になっていました。

 

 

 

 

 

2009年は2番人気で7.5倍のザレマでした。

 

重賞でもたびたび3着以内に入っていました。

 

前走はクイーンSで2着になっていました。

 

 

 

 

 

2008年は3番人気で6.8倍のキストゥヘヴンでした。

 

桜花賞やフラワーCでは1着になっていました。

 

3歳以上の重賞ではたびたび3着以内になっていました。

 

前走は安田記念で7着でした。

 

 

 

 

2007年は2番人気で6.0倍のキングストレイルでした。

 

セントライト記念で1着になっていました。

 

ダービー卿Cで2着になっていました。

 

前走はOP戦で1着でした。

 

 

 

勝ち馬の傾向としてはまとめると以下の通りになりました。

 

  • 連勝して重賞初挑戦の馬
  • 重賞でたびたび入賞している

 

 

今回の出走馬は重賞でたびたび3着以内になっている馬が多いのでその中から本命を選ぼうと思います。

 

スポンサーリンク

 

今年の予想

 

6番のグランシルクは戦績がとても良いです。

 

5レース連続で3着以内に入っています。

 

そのうちの3レースは重賞なので非常に安定しています。

 

また、中山1600mでの重賞での実績もあるのでまず抑えておく必要があります。

 

2年前の京成杯オータムHでは4着ですが、タイム差は0.1秒未満でした。

 

1番人気の信頼度は低いレースですが、1番人気になっても間違いなく抑えておく必要があります。

 

軸にするなら、まずグランシルクですが勝つのは他の馬の可能性が高いのではないかと思っています。

 

 

 

 

ダノンプラチナは出走取り消しになりました。

 

10番のダノンプラチナも戦績が良いです。

 

前走は長期休養明けでしたが、安定走りを見せて5着になりました。

 

去年の京成杯では2番人気で3着になっていますし、今回も期待できそうです。

 

G3の実績は抜群なので抑えておいたほうが良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

5番のマルターズアポジーも戦績が良いです。

 

前走は関屋記念で7番人気で1着になっています。

 

中山の1600mではグランシルクに勝っているので期待はできそうです。

 

逃げ馬なので、戦績に安定感はありませんが抑えておく必要がありそうです。

 

 

 

 

 

 

2番のボンセルヴィーソも戦績が優秀です。

 

重賞ではすべて3着以内に入っています。

 

安定感はあるので、抑えておいたほうが良いでしょう。

 

3歳の重賞で好走している馬の戦績はよかったです。

 

 

 

 

 

 

16番のマイネルアウラートは戦績が悪くないです。

 

中山1600mのOP戦ではグランシルクに勝って1着になっています。

 

さらに、ダービー卿Cではグランシルクとハナ差の4着でした。

 

どちらもグランシルクとの斤量差は2キロでしたが、今回は1キロになるので、有利でしょう。

 

また、2レースとも外枠からのレースだったので、今回も外枠ですがそこまで問題ないと思います。

 

中山1600mのコースでは、抑えておく必要がありそうです。

 

 

 

 

 

 

1番のダイワリベラルは注意が必要です。

 

中山のマイルでの戦績が安定しています。

 

重賞では4着か5着と非常に惜しいです。

 

重賞では3着以内に入ってきたことはないので、オッズは高くなると思います。

 

なので、穴馬として抑えておこうと思います。

 

 

 

 

 

 

15番のロサギガンティアも注意が必要です。

 

3歳以上の重賞で中山コースを走るのは初めてです。

 

中山コースのフジTVスプリングSで結果を残している馬は京成杯オータムHでも結果を残している馬がいました。

 

なので、注意が必要だと思います。

 

最近は3着以内に入れてはいませんがタイム的には惜しいものがあるので抑えておこうと思います。

 

予想印

 

◎ 6 番 グランシルク
○ 16番 マイネルアウラート
▲ 15 番 マルターズアポジー
★ 2 番 ボンセルヴィーソ
△ 1 番 ダイワリベラル
△ 15番 ロサギガンティア

 

 

グランシルクを本命にした理由は以下の通りになります。

 

  • 戦績の安定感
  • 中山コースでの実績

 

 

やはり、戦績に安定感があるので、グランシルクを本命にしました。

 

あくまで軸予想なので、勝つのは他の馬の可能性が高いと思っています。

 

今回勝つと思っているのは、グランシルクとマイネルアウラートとマルターズアポジーとボンセルヴィーソの4頭です。

 

マイネルアウラートとマルターズアポロジーは実際に勝ったことがあります。

 

今回はこちらの予想で行こうと思います。

【天皇賞秋予想と馬場荒れ対策済みデータ】 [PR]

先週の競馬は台風21号の影響でものすごい荒れました。
ですが、ひとつ良い結果・データを手に入れる事が出来ました。

それは、馬場がいくら荒れようと、
コラボ指数のデータは対応しきれていたということ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<10月21日(土)指数上位6頭購入での的中率>

単勝77.8% 複勝100% 馬連55.6% ワイド86.7%
馬連55.6% 3連複41.7% 3連単41.7%
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
万馬券は7本的中 内2万馬券以上が6本
・東京9R アイビーS 90,800円馬券
(指数順位 6位→3位→5位で的中)
(単勝人気 6-4-2人気)
・京都8R 101,320円馬券
(指数順位 4位→4位→1位で的中)
(単勝人気 3-8-5人気)

このデータは、今後の競馬予想に革命を起こしてくれると思う。
コラボ指数はコチラ

さて、このコラボ指数の利点ですが、
馬券内にはいる馬を少点数に絞り込むことが可能です。
天皇賞秋ですがコラボ指数の過去実績を見ると、
1点だけ読み切れない部分もありましたがある共通点を見つけました。

【天皇賞秋】2016年〜2014年の3年間データ
共通点:晴 良馬場
※コラボ指数は数字が小さい方が馬券に絡む確率が高い馬です。

2016年 3連単32,400円
コラボ指数30以下で的中


2015年 3連単109,310円
コラボ指数30以下+コラボ指数30以上単勝オッズ20倍以下で
2着を外す1着〜5着まで読み切れる。


2016年 3連単23,290円
コラボ指数30以下+コラボ指数30以上単勝オッズ20倍以下で的中


■コラボ指数30以下
■コラボ指数30以上単勝オッズ20倍以下
この2つのデータを見るだけで、馬券に絡む馬を絞りだせます。

秋華賞だけのデータを見ると、ただ単にオッズの低い馬を選んだだけだろ。
と思われるかもしれませんが、そうではないということは
長年コラボ指数を使って収支を上げてきた僕が保証します。

このデータで1点だけ読み切れなかったのは、
2015年の2着 10番人気 戸崎圭太騎手のステファノス
コラボ指数39 単勝オッズ34.3倍
これだけはわかりません。富士Sのクルーガー3着と同じくらいわかりません。

調教、上がり、厩舎コメントなどの最新情報で1度、自分なりに馬を選ぶ。
コラボ指数で馬券内確率の高い馬を確認。さらに馬を絞り込む。

この流れが馬券高確率的中への最短ルートだと僕は思います。

天皇賞秋指数は、土曜レース後公開。
コラボ指数はコチラ


 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


もし、参考になることや共感されたことがあれば、バナーをクリックして応援お願いします。
↓↓↓


 

注目記事


このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク