セントウルステークス 2017 予想と過去の傾向

スポンサーリンク


セントウルステークス 2017 予想と過去の傾向

 

2017年9月10日(日)阪神11Rのセントウルステークスの予想をしていきます。

 

まずはセントウルステークスの過去10年の傾向について考察していきます。

 

過去のレース結果

着順 勝ち馬の脚質 3連単の金額
2016 1-2-9 逃げ馬 1万5990円
2015 10-1-5 逃げ馬 40万5590円
2014 4-1-2 先行馬 1万1510円
2013 2-1-3 逃げ馬 2420円
2012 6-1-12 先行馬 37万8500円
2011 2-5-1 先行馬 2万6290円
2010 4-2-5 先行馬 8万8570円
2009 5-1-11 先行馬 10万3580円
2008 3-11-9 先行馬 88万1820円
2007 11-7-1 先行馬 16万1350円

 

表にまとめるとこのようになりました。

 

過去の勝ち馬はすべて逃げ、先行馬でした。

 

なので、本命は逃げ、先行馬から選ぼうと思います。

 

 

 

 

 

また、1番人気馬の信頼度は高いレースです。

 

3着以内に入ってきたのは、過去10レース中8レースでした。

 

ですが、1着になったのは2016年だけでした。

 

それ以外は2着、3着だったので、1番人気馬の扱いには注意が必要です。

 

 

 

 

10レース中6レースで3連単が5万円を超えていました。

 

なので、人気薄の馬にも注意が必要なレースといえます。

 

スポンサーリンク

 

過去の1番人気馬について考察

 

1番人気馬の信頼度が高いレースだったので、過去の1番人気馬と今年の1番人気馬に共通点があるのかを調べてみようと思います。

 

共通点が多ければ今年も3着以内には抑えておく必要がありますからね。

 

 

 

 

 

2016年はビックアーサーで1着になりました。

 

重賞は高松宮記念を勝ったことがあるだけでした。

 

ですが、他の重賞でも2着、3着が多く、悪くても5着でした。

 

前走は高松宮記念で1着でした。

 

 

 

 

 

2015年はウリウリで2着になりました。

 

重賞はCBC賞と京都牝馬Sを勝っていました。

 

芝1400m以上での重賞でも2着、3着になっていました。

 

そして、芝1200mに移ってきた初戦のCBC賞で1着になっています。

 

前走はCBC賞で1着でした。

 

 

 

 

 

2014年はハクサンムーンで2着でした。

 

重賞はセントウルSとアイビスSDと京阪杯を勝っていました。

 

それ以外の重賞でも2着、3着になっていました。

 

前走は高松宮記念で5着でした。

 

 

 

 

 

2013年はロードカナロアで2着でした。

 

重賞は高松宮記念や安田記念などを勝っていました。

 

すべてのレースで3着以内になっていました。

 

前走は安田記念で1着でした。

 

 

 

 

 

2012年もロードカナロアで2着でした。

 

重賞はシルクロードSと京阪杯を勝っていました。

 

すべてのレースで3着以内になっていました。

 

前走は函館スプリントSで2着でした。

 

 

 

 

2011年はダッシャーゴーゴーで3着でした。

 

重賞はセントウルSと夕刊フジオーシャンSとCBC賞で勝っていました。

 

前走はCBC賞で1着になっていました。

 

 

 

 

 

2010年はスカイノダンで6着でした。

 

重賞は北九州記念で2着になっているだけでした。

 

前走は北九州記念で2着でした。

 

 

 

 

 

2009年はスリープレスナイトで2着でした。

 

重賞は北九州記念とCBC賞とスプリンターズSを勝っていました。

 

前走は高松宮記念で2着でした。

 

 

 

 

 

 

2008年はスズカフェニックスで8着でした。

 

重賞は阪神Cと高松宮記念と東京新聞杯を勝っていました。

 

他の重賞でもたびたび3着以内になっていました。

 

前走は安田記念で5着になっていました。

 

 

 

 

 

2007年はキンシャサノキセキで3着でした。

 

重賞は勝ったことがありませんでした。

 

NHKマイルで3着になっていました。

 

芝1200mの重賞は初挑戦でした。

 

前走はOP戦で1着になっていました。

 

 

 

 

今回の出走馬で、芝1200mの重賞を勝っている馬と、芝1200mの重賞に初挑戦の馬は抑えておこうと思います。

 

過去の勝ち馬の特徴

 

続いては、過去の勝ち馬の特徴を調べてみました。

 

こちらの特徴と合致する馬が今年の出走馬にいれば抑える必要がありますからね。

 

2016年は1番人気で2.1倍のビッグアーサーでした。

 

重賞は高松宮記念を勝ったことがあるだけでした。

 

ですが、他の重賞でも2着、3着が多く、悪くても5着でした。

 

前走は高松宮記念で1着でした。

 

 

 

 

2015年は10番人気で48.0倍のアクティブミノルでした。

 

重賞は函館2歳ステークスで勝ったことがあるだけでした。

 

他にも重賞で2着になったことがありました。

 

芝1200mはあまり走っていませんでした。

 

前走はニュージランドTで15着でした。

 

 

 

2014年は4番人気で7.8倍のリトルゲルダでした。

 

重賞は北九州記念で勝ったことがあるだけでした。

 

ですが、アイビスSDなど他の重賞でもたびたび3着になっていました。

 

前走は北九州記念で1着でした。

 

 

 

 

 

2013年は2番人気で4.4倍のハクサンムーンでした。

 

重賞はアイビスSDと京成杯を勝っていました。

 

重賞ではたびたび3着以内になっていました。

 

前走はアイビスSDで1着でした。

 

 

 

 

2012年は6番人気で16.5倍のエピセアロームでした。

 

重賞は小倉2歳ステークスを勝っているだけでした。

 

ですが、芝1200mの重賞では3着になっていました。

 

前走は北九州記念で3着でした。

 

 

 

 

 

2011年は2番人気で6.4倍のエーシンヴァーゴウでした。

 

重賞はアイビスSDを勝っているだけでした。

 

それ以外での重賞で3着になっていました。

 

前走は北九州記念で3着でした。

 

 

 

 

 

2010年は4番人気で9.6倍のダッシャーゴーゴーでした。

 

重賞は勝ったことがありませんでした。

 

ですが、小倉2歳SとCBC賞では2着になっていました。

 

前走は北九州記念で11着でした。

 

 

 

 

 

2009年は5番人気で10.6倍のアルティマトゥーレでした。

 

重賞を勝ったことはありませんでした。

 

重賞で3着以内になったことはありました。

 

前走はアイビスSDで3着でした。

 

 

 

 

 

2008年は3番人気で7.6倍のカノヤザクラでした。

 

重賞はアイビスSDを勝ったことがあるだけでした。

 

それ以外でも重賞ではたびたび3着以内になっていました。

 

前走はアイビスSDで1着でした。

 

 

 

 

2007年は11番人気で30.8倍のサンアディユでした。

 

重賞は芝に移行した初戦で、アイビスSDに出走して1着になっていました。

 

前走は北九州記念で7着でした。

 

 

勝ち馬の傾向としてはまとめると以下の通りになりました。

 

  • 重賞を勝っている
  • 重賞で3着以内になったことがある

 

 

今回の出走馬の中から重賞で戦績を残している馬を本命にしようと思います。

 

アイビスSDで戦績を残している馬との相性もよさそうです。

 

スポンサーリンク

 

今年の予想

 

14番のフィドゥーシアは戦績が良いです。

 

前走はアイビスSDでは2着になっています。

 

内容的には勝ってもおかしくありませんでした。

 

過去の勝ち馬をみるとアイビスSDで戦績を残している馬の戦績はよかったです。

 

さらに、展開的にも前から行くタイプなので、有利だと思います。

 

今回は本命にしようと思いましたが、枠が大外なのでやめておこうと思います。

 

 

 

 

 

13番のダンスディレクターは戦績がとても良いです。

 

前走はシルクロードSで1着になっています。

 

他の重賞でもたびたび3着以内に入っています。

 

去年のセントウルSでは7着ですが、タイム的にはそこまで敗れていません。

 

なので、抑えておこうと思います。

 

 

 

 

 

7番のファインニードルは戦績は悪くないです。

 

北九州記念では5着になっていますが、タイム差的には0.2秒です。

 

さらに、展開的にも先行していくタイプなので、有利だと思います。

 

阪神芝1200mとの相性も良さそうですし、枠も真ん中なので本命にしようと思います。

 

 

 

 

 

3番のアルティマブラッドも戦績は悪くないです。

 

北九州記念では6着でしたが、タイム的には0.3秒差でした。

 

今回は内枠になりましたし、展開的に1番ロスなく行ける馬だと思います。

 

なので、今回は抑えておこうと思います。

 

 

 

 

 

11番のスノードラゴンは注意が必要です。

 

去年のセントウルSで5着でタイム差は0.3秒です。

 

前走のCBC賞でもタイム差は0.3秒だったので、抑えておこうと思います。

 

 

 

 

 

 

6番のラインミーティアも注意が必要です。

 

前走はアイビスSDで1着になっています。

 

アイビスSDで戦績を残している馬の戦績はよかったです。

 

阪神1200mでは走ったことがありませんから、未知数な部分が多いです。

 

なので、抑えておこうと思います。

 

 

 

 

 

12番のラヴァーズポイントも注意が必要です。

 

去年のセントウルSで9番人気で3着になっています。

 

ここ2戦は敗れていますが、タイム的には離されていません。

 

なので、抑えておこうと思います。

 

予想印

 

◎ 7 番 ファインニードル
○ 14番 フィドゥーシア
▲ 13番 ダンスディレクター
★ 3 番 アルティマブラッド
△ 11番 スノードラゴン
△ 6 番 ラインミーティア
△ 12番 ラヴァーズポイント

 

 

ファインニードルを本命にした理由は以下の通りになります。

 

  • 展開的に有利
  • 重賞で惜しい順位になっている

 

やはり、阪神1200mでも良い戦績を残しているファインニードルを本命にしました。

 

最初はフィドゥーシアを本命にしようと思っていたんですが、枠が外枠になってしまったのでやめました。

 

重賞でも5着ですが、タイム差は0.2秒なので、充分期待できると思います。

 

ファインニードルは絶好調のデムーロ騎手ですし、上手く先行していってくれると思います。

 

今回はこちらの予想で行こうと思います。


───────────────────────

【秋華賞】◎ディアドラから1万4760円的中

【府中牝馬S】◎クロコスミアから1万9390円的中

───────────────────────


今年の菊花賞はダービージョッキー・大西直宏に任せろ!!

馬連でも30倍以上を狙う『勝負の1点』無料公開


『アルアインの2冠はあるのか!?』


その答えは大西直宏には完璧に見えている!


無料で教えます!



========================


先週の重賞は2戦2勝!

この秋のGIも2戦2勝!


========================


【先週】秋華賞(G1)

◎ディアドラ

△リスグラシュー

○モズカッチャン

【1万4760円的中】


【先週】府中牝馬S(G2)

◎クロコスミア

○ヴィブロス

▲アドマイヤリード

【1万9390円的中】


スプリンターズS(G1)

◎レッドファルクス

△レッツゴードンキ

△ワンスインナムーン

【7650円的中】


========================


それ以外にも万券多数!


========================


東京4日目1R

◎カナメ

◎ノーボーダー

2万9870円的中!


東京初日7R

◎マイネルクラース

3万5880円的中!


京都初日4R

◎スターリーステージ

3万0400円的中!


京都初日2R

◎ホウショウナウ

2万1550円的中!


京都初日12R

◎チェイスダウン

1万4360円的中!


京都3日目3R

◎ソシアルクラブ

1万2840円的中!


京都1日目1R

◎アスターソード

1万2820円的中!


その他的中多数!


【菊花賞】勝負の1点はコチラ



 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


もし、参考になることや共感されたことがあれば、バナーをクリックして応援お願いします。
↓↓↓


 

注目記事


このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク