ローズステークスの2017年の予想と過去の傾向

スポンサーリンク


ローズステークスの2017年の予想と過去の傾向

 

2017年9月17日(日)阪神11Rのローズステークスの予想をしていきます。

 

まずはローズステークスの過去10年の傾向について考察していきます。

 

過去のレース結果

着順 勝ち馬の脚質 3連単の金額
2016 1-11-6 差し馬 10万5940円
2015 7-1-2 追い込み馬 2万5340円
2014 2-15-9 先行馬 75万9650円
2013 1-9-10 差し馬 26万9150円
2012 1-2-3 先行馬 800円
2011 1-10-7 先行馬 13万8600円
2010 4-6-5 差し馬 19万3040円
2009 5-1-10 差し馬 9万8420円
2008 7-9-1 差し馬 15万1600円
2007 1-2-3 逃げ馬 1080円

 

表にまとめるとこのようになりました。

 

過去の勝ち馬は逃げ、先行馬が4頭、差し、追い込み馬は6頭という結果になっていました。

 

なので、そこまで脚質を気にする必要はなさそうです。

 

 

 

 

10レース中6レースで3連単の金額が10万円以上になっています。

 

なので、人気薄の馬にも注意が必要です。

 

 

 

 

 

また馬場状態が重だったときはすべて3連単の金額が10万円を超えていました。

 

2016年は10万5940円、2013年は25万9150円、2008年は15万1600円です。

 

なので、馬場状態が悪いときは高配当になる傾向がありました。

 

 

 

 

 

また、1番人気馬の信頼度は高いレースです。

 

10レース中8レースで3着以内に入っていました。

 

内訳は1着が5回、2着が2回、3着が1回でした。

 

なので、今年の1番人気にも注目が必要です。

 

スポンサーリンク

 

過去の1番人気馬について考察

 

1番人気馬の信頼度が高いレースだったので、過去の1番人気馬と今年の1番人気馬に共通点があるのかを調べてみようと思います。

 

共通点が多ければ今年も3着以内には抑えておく必要がありますからね。

 

まずは3着以内に入った馬から見ていきたいと思います。

 

 

 

 

2016年はシンハライトで1着でした。

 

すべてのレースで2着以内に入っていました。

 

オークスで1着、桜花賞で2着、チューリップ賞で1着になっていました。

 

 

 

 

2015年はミッキークイーンで2着でした。

 

すべてのレースで2着以内に入っていました。

 

オークスで1着、クイーンCで2着になっていました。

 

 

 

 

2013年はデニムアンドルビーで1着でした。

 

オークスでは3着、フローラSでは1着になっていました。

 

すべてのレースで3着以内になっていました。

 

 

 

 

2012年はジェンティルドンナで1着でした。

 

オークスと桜花賞では1着、チューリップ賞では4着、シンザン記念では1着になっていました。

 

 

 

2011年はホエールキャプチャで1着でした。

 

オークスでは3着、桜花賞では2着、クイーンCでは1着、阪神ジュベナイルFでは2着、ファンタジーSでは3着になっていました。

 

すべてのレースで3着以内に入っていました。

 

 

 

2009年はレッドディザイアで2着でした。

 

オークスと桜花賞では2着になっていました。

 

すべてのレースで2着以内に入っていました。

 

 

 

 

 

2008年はレジネッタで3着でした。

 

クイーンSで2着、オークスで3着、桜花賞で1着、フィリーズRで3着、阪神ジュベナイルFで6着になっていました。

 

 

 

 

2007年はダイワスカーレットで1着でした。

 

桜花賞では1着、チューリップ賞とシンザン記念では2着になっていました。

 

すべてのレースで2着以内に入っていました。

 

 

 

 

つづいて、3着以内に入ってこなかった2頭についてみていきます。

 

 

 

2014年はレッドリヴェールで6着でタイム差は0.8秒でした。

 

阪神ジュベナイルFで1着、桜花賞で2着になっていました。

 

オークスでは12着に敗れていました。

 

この年は2番人気の馬はヌーヴォレコルトでオッズが2.5倍でした。

 

オークスで1着、桜花賞で3着になっている馬でした。

 

新馬戦を除くすべてのレースで3着以内になっていました。

 

 

 

 

2010年はアパパネで4着でタイム差は0.2秒差でした。

 

オークスと桜花賞と阪神ジュベナルFでは1着、チューリップ賞では2着になっていました。

 

すべてのレースで3着以内に入っていました。

 

3着馬とはハナ差でしたから、3着以内に入ってもおかしくなかったです。

 

 

 

 

 

このように見ていくと、1番人気になるのにふさわしい戦績を残していた馬は3着以内に入ってくる確率は高いです。

 

今年の出走馬には圧倒的な戦績を残している馬はいないので人気が割れそうです。

 

スポンサーリンク

 

今年の予想

 

今回は過去の1番人気馬のように圧倒的な戦績を残している馬がいないので荒れそうです。

 

 

6番のリスグラシューは戦績が良いです。

 

前走のオークスでは5着になっていますが、それまではすべてのレースで3着以内に入っていました。

 

安定感で言えば、今回の出走馬の中では間違いないと思います。

 

なので、今回は本命にしようと思っています。

 

 

 

 

 

2番のモズカッチャンも戦績が良いです。

 

オークスでは2着になっています。

 

新馬戦以外ではすべてのレースで3着以内になっています。

 

なので、抑えておこうと思います。

 

 

 

 

 

 

10番のレーヌミノルも戦績が良いです。

 

桜花賞では1着になっています。

 

前走のオークスでは13着に敗れています。

 

クイーンCでも4着になっています。

 

その2レース以外では3着以内に入っています。

 

 

 

 

 

 

15番のカラクレナイも戦績が良いです。

 

阪神での戦績がとてもよいです。

 

桜花賞でも4着になっています。

 

なので、抑えておこうと思います。

 

 

 

 

 

 

13番のハローユニコーンは戦績が悪くないです。

 

阪神で行われたOP戦では1着になっています。

 

オークスでは14着になっているので、人気はでないので抑えておこうと思います。

 

 

 

 

 

8番のブラックスビーチも戦績が悪くないです。

 

阪神1800mで未勝利戦ですが、勝利しています。

 

オークスでは9着ですが、抑えておこうと思います。

 

予想印

 

◎ 6 番 リスグラシュー
○ 10番 レーヌミノル
▲ 15番 カラクレナイ
★ 2 番 モズカッチャン
△ 13番 ハローユニコーン
△ 8 番 ブラックスビーチ

 

 

リスグラシューを本命にした理由は以下の通りになります。

 

  • 重賞での安定感
  • 阪神での戦績の良さ

 

今回の出走馬の中では1番安定感のある戦績を残しています。

 

2歳の未勝利戦では阪神1800mで好タイムを記録しています。

 

今回も同じ阪神1800mですから、本命にしました。

 

こちらの予想でいこうと思います。

PR【馬券になる共通点が見つかった】アメリカJCC(G2)、東海S(G2)


1月3週目G2の2連戦 21日(日)開催

中山11R アメリカJCC(G2)

中京11R 東海S(G2)

このデータを見てみてください。



これでもかと馬券に絡んでくるデータがあります。


この2レースの予想で難しいのは、「みごとなまでの上位人気馬の凡走」

例えば2017年

アメリカJCC 1着14.7倍の7人気

東海S 1着1人気だったものの、2着96.3倍の12番人気、3着59.6倍の10番人気


予想外の馬がバンバン馬券に絡んできます。

もはやオッズなんて予想の参考になりません。

こういったレースは、複勝やワイドでも美味しい馬券になるチャンスです。

的中をつかむコツがあります。それは、


【過去数年、同じ方法で予想をしてきた結果データの共通点を見つける事】


使うデータは2018年1週目「中山金杯、京都金杯、フェアリーS、3連続単勝的中」させたこちらの指数です。

→ 無料会員登録ページ


各レースで、ある共通点が見つかりました。

それは、

■中山11R アメリカJCC(G2)

→指数1、2、3位馬が3頭中2頭、3年連続馬券内


■中京11R 東海S(G2)

→指数4位馬、直近3年連続単勝的中+4年連続馬券内




アメリカJCC(G2)データは無料公開が決定しています。

このデータを参考に馬券を組み立ててみてはいかがでしょうか。

→ 無料会員登録ページ

※無料公開のアメリカJCCの指数は、レース当日の昼に北条のブログで公開されます。



 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


もし、参考になることや共感されたことがあれば、バナーをクリックして応援お願いします。
↓↓↓


 

注目記事


このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク