セントライト記念の2017年の予想と過去の傾向

スポンサーリンク


セントライト記念の2017年の予想と過去の傾向

 

2017年9月18日(月)中山11Rのセントライト記念の予想をしていきます。

 

まずはセントライト記念の過去10年の傾向について考察していきます。

 

2014年は新潟で行われていたので、除外しています。

 

過去のレース結果

着順 勝ち馬の脚質 3連単の金額
2016 1-2-3 差し馬(マクリ) 1820円
2015 6-9-10 先行馬 61万80500円
2013 3-5-6 差し馬 4万0970円
2012 1-14-4 差し馬(マクリ) 13万7500円
2011 6-3-1 先行馬 5万6160円
2010 4-3-2 差し馬 1万9020円
2009 2-4-7 差し馬(マクリ) 7万8230円
2008 9-1-5 差し馬(マクリ) 6万5060円
2007 1-2-14 先行馬 4万5120円

 

表にまとめるとこのようになりました。

 

過去の勝ち馬は先行馬が3頭、差し馬は6頭という結果になっていました。

 

差し馬の中にも速めに上がってきてマクリを決めている馬もいました。

 

 

 

 

 

9レース中5レースで3連単の金額が5万円以上になっています。

 

なので、人気薄の馬にも注意が必要です。

 

 

 

 

 

また、1番人気馬の信頼度は普通のレースです。

 

9レース中5レースで3着以内に入っていました。

 

内訳は1着が3回、2着が1回、3着が1回でした。

 

スポンサーリンク

 

過去の1番人気馬について考察

 

過去の1番人気の馬でも、3着以内に入った馬と入らなかった馬がいるのでその傾向を見ていきたいと思います。

 

今年の1番人気の馬がどちらの傾向に当てはまるかわかれば抑えるべきかそうでないかがわかると思います。

 

まずは3着以内に入った馬から見ていきたいと思います。

 

 

 

 

2016年はディーマジェスティで1着でした。

 

すべてのレースで3着以内に入っていました。

 

日本ダービーで3着、皐月賞で1着、共同通信杯で1着になっていました。

 

 

 

 

 

2012年はフェノーメノで1着でした。

 

日本ダービーでは2着、青葉賞では1着、弥生賞では6着になっていました。

 

 

 

 

 

2011年はサダムパテックで3着でした。

 

日本ダービーでは7着、皐月賞では2着、弥生賞では1着、朝日フューチュリティでは4着になっていました。

 

 

 

 

 

 

2008年はマイネルチャールズで2着でした。

 

札幌記念で6着、日本ダービーで4着、皐月賞で3着、弥生賞で1着、京成杯で1着になっていました。

 

 

 

 

 

2007年はロックドゥカンブで1着でした。

 

ラジオNIKKEI賞では1着になっていました。

 

すべてのレースで1着になっていました。

 

 

 

 

つづいて、3着以内に入ってこなかった2頭についてみていきます。

 

 

 

2015年はサトノラーゼンで7着でタイム差は0.3秒でした。

 

すべてのレースで3着以内に入っていました。

 

日本ダービーで2着、京都新聞杯で1着になっていました。

 

ゴール前が混戦になったので、3着以内に入ってもおかしくなかったと思います。

 

 

 

 

 

2013年はヒラボクディープで13着でタイム差は0.8秒差でした。

 

日本ダービーでは13着、青葉賞では1着になっていました。

 

この年は出走馬に重賞で結果を残している馬が他にいなかったので、人気が上がっていました。

 

勝ったのは重賞を走ったことがない馬でした。

 

 

 

 

 

2010年はゲシュタルトで14着でタイム差は1.9秒差でした。

 

日本ダービーでは4着、京都新聞杯では1着、皐月賞では7着、スプリングSでは2着になっていました。

 

日本ダービーや皐月賞では12番人気になっていました。

 

 

 

 

 

2009年はアドマイヤメジャーで4着でタイム差は0.2秒でした。

 

重賞は走ったことがありませんでした。

 

前走は1000万条件で勝っていました。

 

こちらも3着に入ってもおかしくなかったと思います。

 

 

 

 

重賞で結果を残していて、なおかつ人気になっていた馬の好走率が高いことがわかりました。

 

今年の出走馬でいうと、アルアインが戦績的に1番人気になりそうです。

 

日本ダービーでも4番人気で5着、皐月賞でも9番人気で1着なので3着以内に入ってくる可能性が高そうです。

 

スポンサーリンク

 

今年の予想

 

7番のアルアインは戦績が良いです。

 

皐月賞では1着ですし、日本ダービーでも5着ですがタイム差は0.3秒です。

 

ゼタブリランテスは出走を回避するということなので、さらに人気が集まりそうです。

 

今年の出走馬ではダントツの戦績なので、本命にしようと思います。

 

 

 

 

4番のクリンチャーは戦績が悪くないです。

 

皐月賞では4着でタイム差は0.3秒でした。

 

日本ダービーは後ろからの展開になってしまったので、あの順位でも仕方ないと思います。

 

今回前から行く展開になれば、上位には入ると思います。

 

なので、抑えておこうと思います。

 

 

 

 

 

9番のプラチナヴォイスも戦績が悪くないです。

 

皐月賞では10着でしたが、0.5秒差でした。

 

なので、抑えておこうと思います。

 

 

 

 

 

 

2番のサトノクロニクルの戦績がとてもよいです。

 

京都新聞杯でも2着になっています。

 

ラジオNIKKEI賞以外ではすべて2着以内になっています。

 

なので、抑えておこうと思います。

 

 

 

 

 

14番のクレッシェンドラヴも戦績が悪くないです。

 

未勝利戦ですが、中山2200mで1着になっています。

 

500万条件の戦績は悪くありませんでした。

 

なので、抑えておこうと思います。

 

 

 

 

 

5番のミッキースワローも戦績が悪くないです。

 

京都新聞杯では5着ですが、タイム差は0.1秒差でした。

 

中山の未勝利戦でも圧勝しています。

 

なので、抑えておこうと思います。

 

予想印

 

◎ 7 番 アルアイン
○ 4 番 クリンチャー
▲ 2 番 サトノクロニクル
★ 5 番 ミッキースワロー
△ 9 番 プラチナヴォイス
△ 14番 クレッシェンドラヴ

 

 

アルアインを本命にした理由は以下の通りになります。

 

  • 重賞での戦績
  • 戦績の安定感

 

やはり、皐月賞では1着、日本ダービーでは5着ですがタイム差は0.3秒という好成績です。

 

今回の出走馬の中では圧倒的な戦績を残しています。

 

1番人気馬で皐月賞で結果を残している馬は好走しています。

 

同じ中山コースで結果を残しているので期待できそうです。

 

こちらの予想で行こうと思います。

―――――――――――――――――――――――

【先 週】ファンタジーS 1万7980円的中!

【先 週】JBCクラシック2万7570円的中!

【先々週】天皇賞(秋)  5万5320円的中!


―――――――――――――――――――――――


【エリザベス女王杯】


ルージュバックやヴィブロスで本当に大丈夫!?


≪人気馬相手でも馬連想定20倍以上!≫

■■■■■■波乱の主役はこの馬だ!■■■■■■


→大ヤリの超穴馬を完全無料で教えます←


========================

先週の3日間開催も

JBCも的中ラッシュ!

========================

JBCクラシック

◎サウンドトゥルー

2万7570円的中

---------------------

JBCレディスクラシック

◎ララベル

4290円的中!

---------------------

JBCスプリントも!

◎ブルドッグボス

1370円的中!

---------------------

京都1日目11R

ファンタジーS

◎ベルーガ

1万7980円的中!

---------------------

東京2日目9R

◎ナスノシンフォニー

3万0920円的中!

---------------------

京都1日目5R

◎カーティバル

3万1460円的中!

---------------------

京都1日目8R

◎アンデスクイーン

2万1950円的中!

---------------------

福島1日目3R

◎アルーフクライ

2万1040円的中!

---------------------

東京1日目2R

◎クニノオーシャン

◎エンパイアミライ

1万4050円的中!

---------------------

東京1日目10R

◎ルックトゥワイス

1万0570円的中!

---------------------

福島2日目8R

◎メイスンスパート

1万0550円的中!

---------------------

その他的中多数!


→エリザベス女王杯の大ヤリ超穴馬はコチラ←



 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


もし、参考になることや共感されたことがあれば、バナーをクリックして応援お願いします。
↓↓↓


 

注目記事


このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク