神戸新聞杯の2017年の予想と過去の傾向

スポンサーリンク


神戸新聞杯の2017年の予想と過去の傾向

 

2017年9月24日(日)阪神11Rの神戸新聞杯の予想をしていきます。

 

まずは神戸新聞杯の過去10年の傾向について考察していきます。

 

過去のレース結果

着順 勝ち馬の脚質 3連単の金額
2016 1-6-4 差し馬 8010円
2015 3-1-7 逃げ馬 2万8170円
2014 1-8-9 追い込み馬 7万0380円
2013 1-7-2 差し馬 1万0410円
2012 1-8-2 差し馬 2万6300円
2011 1-2-3 差し馬 1430円
2010 2-1-5 差し馬 2570円
2009 7-3-5 差し馬 13万2480円
2008 1-3-2 差し馬 3240円
2007 3-5-2 追い込み馬 2万1590円

 

表にまとめるとこのようになりました。

 

過去の勝ち馬は逃げ馬が1頭、差し、追い込み馬が9頭という結果になっていました。

 

なので、本命は差し、追い込み馬から選ぼうと思います。

 

 

 

 

 

 

10レース中9レースで3番人気以内の馬が1着になっています。

 

2009年だけは7番人気の馬が1着になっていました。

 

なので、本命は人気馬を中心に考えたほうが良さそうです。

 

 

 

 

 

 

10レース中2レースでしか、3連単の金額が5万円を超えていませんでした。

 

なので、人気馬を中心に考えたほうが良さそうです。

 

 

 

 

 

また、1番人気馬の信頼度は高いレースです。

 

10レース中8レースで2着以内に入っていました。

 

内訳は1着が6回、2着が2回でした

 

なので、今年の1番人気にも注目が必要です。

 

スポンサーリンク

 

過去の1番人気馬について考察

 

1番人気馬の信頼度が高いレースだったので、過去の1番人気馬と今年の1番人気馬に共通点があるのかを調べてみようと思います。

 

共通点が多ければ今年も3着以内には抑えておく必要がありますからね。

 

まずは3着以内に入った馬から見ていきたいと思います。

 

 

 

 

2016年はサトノダイヤモンドで1着でした。

 

すべてのレースで3着以内に入っていました。

 

日本ダービーで2着、皐月賞で3着、きさらぎ賞で1着になっていました。

 

 

 

 

2015年はリアルスティールで2着でした。

 

日本ダービーを除く、すべてのレースで2着以内に入っていました。

 

日本ダービーで4着、皐月賞で2着、スプリングSで2着、共同通信杯で1着になっていました。

 

 

 

 

2014年はワンアンドオンリーで1着でした。

 

日本ダービーで1着、皐月賞で4着、弥生賞で2着、ラジオNIKKEI賞で1着になっていました。

 

 

 

 

 

2013年はエピファネイアで1着でした。

 

弥生賞を除く、すべてのレースで2着以内になっていました。

 

日本ダービーで2着、皐月賞で2着、弥生賞で4着、ラジオNIKKEI賞で1着になっていました。

 

 

 

 

 

2012年はゴールドシップで1着でした。

 

日本ダービーを除く、すべてのレースで2着以内に入っていました。

 

日本ダービーで5着、皐月賞で1着、共同通信杯で1着、ラジオNIKKEI杯で2着になっていました。

 

 

 

 

 

2011年はオルフェーヴルで1着でした。

 

京王杯2歳Sを除く、すべてのレースで3着以内に入っていました。

 

日本ダービーで1着、皐月賞で1着、スプリングSで1着、きさらぎ賞で3着、シンザン記念で2着になっていました。

 

 

 

 

 

2010年はエイシンフラッシュで2着でした。

 

新馬戦を除く、すべてのレースで2着以内に入っていました。

 

日本ダービーで1着、皐月賞で3着、京成杯で1着になっていました。

 

 

 

 

 

2008年はディープスカイで1着でした。

 

3歳になってからはすべてのレースで3着以内に入っていました。

 

日本ダービーで1着、NHKマイルCで1着、毎日杯で1着、アーリントンCで3着になっていました。

 

 

 

 

つづいて、3着以内に入ってこなかった2頭についてみていきます。

 

 

 

 

2009年はアンライバルドは4着でタイム差は0.7秒差でした。

 

日本ダービーで12着に敗れてた以外はすべてのレースで3着以内に入っていました。

 

日本ダービーで12着、皐月賞1着、スプリングSで1着になっていました。

 

 

 

 

2007年はフサイチホウオーで12着でした。

 

日本ダービーで7着に敗れたのを除く、すべてレースで3着以内になっていました。

 

日本ダービーで7着、皐月賞で3着、共同通信杯で1着、ラジオNIKKEI賞で1着になっていました。

 

 

 

 

 

このように見ていくと、前走日本ダービーで大きく敗れている1番人気馬は3着以内に入ってきていませんでした。

 

今年の出走馬でいうとダービー馬のレイデオロがいますから、レイデオロは1番人気になっても抑えておいたほうがよさそうです。

 

スポンサーリンク

 

 

過去の勝ち馬の特徴

 

続いては、過去の勝ち馬の特徴を調べてみました。

 

こちらの特徴と合致する馬が今年の出走馬にいれば抑える必要がありますからね。

 

1番人気以外で1着になった馬についてまとめてみました。

 

 

 

 

2015年は3番人気で単勝8.0倍のリアファルでした。

 

芝に移行してからの2戦目でした。

 

前走は1600万条件で勝っていました。

 

 

 

 

2010年は2番人気で単勝3..0倍のローズキングダムでした。

 

皐月賞を除く、すべてのレースで3着以内に入っていました。

 

日本ダービーで2着、皐月賞で4着、スプリングSで3着、朝日フューチュリティで1着になっていました。

 

 

 

 

 

2009年は7番人気で単勝24.0倍のイコピコでした。

 

重賞ではラジオNIKKEI賞で4着になっていました。

 

 

 

 

 

2007年は3番人気で単勝4.2倍のドリームジャーニーでした。

 

日本ダービーで5着、皐月賞で8着、弥生賞で3着、朝日フューチュリティで1着になっていました。

 

日本ダービーでは5着ですが、タイムは1着のウォッカに次ぐ、2番目でした。

 

 

 

 

上の傾向を見る限り、芝をあまり走っていない馬と上がりタイムが速い馬は抑えておこうと思います。

 

ローズステークスでも、芝を1戦しかしていないラビットランが勝ちましたから注意は必要だと思います。

 

今年の予想

 

8番のレイデオロはとても戦績が良いです。

 

日本ダービーで1着、皐月賞で5着、ホープフルSで1着になっています。

 

皐月賞以外ではすべてレースで1着になっています。

 

なので、本命はレイデオロにするつもりです。

 

 

 

 

 

2番のサトノアーサーも戦績が良いです。

 

日本ダービーでは10着に敗れていましたが、上がりタイムは2番目でした。

 

毎日杯ときさらぎ賞で2着になっています。

 

なので、抑えておこうと思います。

 

 

 

 

 

5番のキセキも戦績が良いです。

 

重賞では毎日杯で3着になっています。

 

前走も上がりタイムが圧倒的だったので、抑えておこうと思います。

 

 

 

 

 

 

11番のカデナも戦績が良いです。

 

日本ダービーは11着ですが、上がりタイムは悪くありませんでした。

 

皐月賞も9着になっていますが、タイム的にはそこまで離されていません。

 

弥生賞では1着になっています。

 

なので、抑えておこうと思います。

 

 

 

 

 

3番のダンビュライトも戦績が良いです。

 

日本ダービーで6着、皐月賞で3着、弥生賞で3着、きさらぎ賞で3着、朝日フューチュリティで13着になっています。

 

なので、一応抑えておこうと思います。

 

 

 

 

 

4番のマイスタイルは戦績が悪くないです。

 

日本ダービーでも4着になっています。

 

一応抑えておこうと思います。

 

予想印

 

◎ 8 番 レイデオロ
○ 5 番 キセキ
▲ 2 番 サトノアーサー
★ 11番 カデナ
△ 3 番 ダンビュライト
△ 4 番 マイスタイル

 

 

レイデオロを本命にした理由は以下の通りになります。

 

  • 重賞での戦績
  • 戦績の安定感

 

やはり、皐月賞以外のレースすべてで1着になっているので安定感があります。

 

皐月賞でも5着ですから、問題ありません。

 

過去の戦績を見てみても、1番人気馬で日本ダービーで結果を残している馬の好走率は高いです。

 

レイデオロは1番人気になりそうですから、軸にするなら最適だと思います。

 

こちらの予想でいきたいと思います。

【天皇賞秋予想と馬場荒れ対策済みデータ】 [PR]

先週の競馬は台風21号の影響でものすごい荒れました。
ですが、ひとつ良い結果・データを手に入れる事が出来ました。

それは、馬場がいくら荒れようと、
コラボ指数のデータは対応しきれていたということ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<10月21日(土)指数上位6頭購入での的中率>

単勝77.8% 複勝100% 馬連55.6% ワイド86.7%
馬連55.6% 3連複41.7% 3連単41.7%
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
万馬券は7本的中 内2万馬券以上が6本
・東京9R アイビーS 90,800円馬券
(指数順位 6位→3位→5位で的中)
(単勝人気 6-4-2人気)
・京都8R 101,320円馬券
(指数順位 4位→4位→1位で的中)
(単勝人気 3-8-5人気)

このデータは、今後の競馬予想に革命を起こしてくれると思う。
コラボ指数はコチラ

さて、このコラボ指数の利点ですが、
馬券内にはいる馬を少点数に絞り込むことが可能です。
天皇賞秋ですがコラボ指数の過去実績を見ると、
1点だけ読み切れない部分もありましたがある共通点を見つけました。

【天皇賞秋】2016年〜2014年の3年間データ
共通点:晴 良馬場
※コラボ指数は数字が小さい方が馬券に絡む確率が高い馬です。

2016年 3連単32,400円
コラボ指数30以下で的中


2015年 3連単109,310円
コラボ指数30以下+コラボ指数30以上単勝オッズ20倍以下で
2着を外す1着〜5着まで読み切れる。


2016年 3連単23,290円
コラボ指数30以下+コラボ指数30以上単勝オッズ20倍以下で的中


■コラボ指数30以下
■コラボ指数30以上単勝オッズ20倍以下
この2つのデータを見るだけで、馬券に絡む馬を絞りだせます。

秋華賞だけのデータを見ると、ただ単にオッズの低い馬を選んだだけだろ。
と思われるかもしれませんが、そうではないということは
長年コラボ指数を使って収支を上げてきた僕が保証します。

このデータで1点だけ読み切れなかったのは、
2015年の2着 10番人気 戸崎圭太騎手のステファノス
コラボ指数39 単勝オッズ34.3倍
これだけはわかりません。富士Sのクルーガー3着と同じくらいわかりません。

調教、上がり、厩舎コメントなどの最新情報で1度、自分なりに馬を選ぶ。
コラボ指数で馬券内確率の高い馬を確認。さらに馬を絞り込む。

この流れが馬券高確率的中への最短ルートだと僕は思います。

天皇賞秋指数は、土曜レース後公開。
コラボ指数はコチラ


 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


もし、参考になることや共感されたことがあれば、バナーをクリックして応援お願いします。
↓↓↓


 

注目記事


このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク