シリウスステークスの2017年の予想と過去の傾向

スポンサーリンク


シリウスステークスの2017年の予想と過去の傾向

 

2017年9月30日(土)阪神11Rのシリウスステークスの予想をしていきます。

 

まずはシリウスステークスの過去10年の傾向について考察していきます。

 

 

過去のレース結果

着順 勝ち馬の脚質 3連単の金額
2016 1-2-4 逃げ馬 5380円
2015 3-1-2 差し馬 6810円
2014 1-3-7 先行馬 1万5330円
2013 5-3-6 差し馬 7万7120円
2012 2-3-1 差し馬 1万8030円
2011 5-4-2 先行馬 6万2530円
2010 1-4-9 差し馬 7万0450円
2009 3-8-4 先行馬 10万9230円
2008 6-1-4 差し馬 4万1320円
2007 1-6-5 差し馬 6840円

 

表にまとめるとこのようになりました。

 

過去の勝ち馬は逃げ、先行馬が4頭、差し馬が6頭という結果になっていました。

 

差し馬の中にも速めに仕掛けてきている馬がいました。

 

なので、脚質はそこまで気にしなくてもよさそうです。

 

 

 

 

 

 

10レース中7レースで3番人気以内の馬が1着になっています。

 

なので、本命は人気馬を中心に考えたほうが良さそうです。

 

 

 

 

 

 

10レース中4レースで、3連単の金額が5万円を超えていました。

 

なので、荒れた展開にも注意が必要です。

 

 

 

 

 

また、1番人気馬の信頼度は高いレースです。

 

10レース中7レースで3着以内に入っていました。

 

内訳は1着が4回、2着が2回、3着が1回でした

 

なので、今年の1番人気にも注目が必要です。

 

スポンサーリンク

 

過去の1番人気馬について考察

 

1番人気馬の信頼度が高いレースだったので、過去の1番人気馬と今年の1番人気馬に共通点があるのかを調べてみようと思います。

 

共通点が多ければ今年も3着以内には抑えておく必要がありますからね。

 

まずは3着以内に入った馬から見ていきたいと思います。

 

 

 

 

2016年はマスクゾロで1着でした。

 

前走のOP戦を大差で圧勝していました。

 

2連勝中でした。

 

重賞には出ていましたが、9着になっていました。

 

 

 

 

 

2015年はダノンリバティで2着でした。

 

前走はOP戦で1着になっていました。

 

芝から移行した初戦のレパードSでは2着になっていました。

 

 

 

 

 

2014年はクリノスターオーで1着でした。

 

前走はエルムSで2着になっていました。

 

平安Sでも1着になっていました。

 

 

 

 

 

2012年はグレープブランデーで3着でした。

 

前走はOP戦で1着でした。

 

ユニコーンSでは2着、ジャパンカップダートでは1着になっていました。

 

 

 

 

 

 

2010年はキングスエンブレムで1着でした。

 

前走は1600万条件で1着でした。

 

ダートでは4戦2勝でした。

 

 

 

 

 

 

2008年はワンダースピードで2着でした。

 

前走は帝王賞競走で5着でした。

 

2007年にはシリウスSで3着になっていました。

 

 

 

 

 

 

2007年はドラゴンファイヤーで1着でした。

 

前走は1600万条件で1着でした。

 

3戦連続で1着になっていました。

 

 

 

 

つづいて、3着以内に入ってこなかった3頭についてみていきます。

 

 

 

 

2013年はサトノプリンシパルで15着でタイム差は3.7秒でした。

 

前走はレパードSで2着になっていました。

 

 

 

 

 

2011年はタガノロックオンで4着でタイム差は0.8秒でした。

 

前走は1600万条件で1着でした。

 

レパードSでは4着、ジャパンカップダートダービでは3着になっていました。

 

 

 

 

 

2009年はワンダースピードで5着でタイム差は0.6秒でした。

 

前走は東海Sで1着でした。

 

5戦連続で重賞で2着以内になっていました。

 

2008年にはシリウスSで2着になっていました。

 

 

 

 

 

3歳の重賞で結果を残していても、3歳以上のOP戦で戦っていない馬は注意したほうが良さそうです。

 

1番人気馬で唯一大敗をしているサトノプリンシパルがこのタイプでした。

 

なので、1番人気馬が3着までに来る確率はかなり高いレースになっています。

 

今年の1番人気馬はまず抑えておいたほうがよさそうです。

 

スポンサーリンク

 

 

過去の勝ち馬の特徴

 

続いては、過去の勝ち馬の特徴を調べてみました。

 

こちらの特徴と合致する馬が今年の出走馬にいれば抑える必要がありますからね。

 

1番人気以外で1着になった馬についてまとめてみました。

 

 

 

 

 

2015年は3番人気で単勝5.5倍のアウォーディーでした。

 

前走は1600万条件で1着でした。

 

ダートは前走が初戦でした。

 

 

 

 

 

2013年は5番人気で単勝12.3倍のケイアイレオーネでした。

 

前走はレパードステークスで3着でした。

 

重賞で3戦連続で3着になっていました。

 

 

 

 

 

2012年は2番人気で単勝4.8倍のナイスミーチューでした。

 

前走は1600万条件で1着でした。

 

芝から移行してきてからは4着に一度なった以外はすべて3着以内でした。

 

ダートの重賞は初挑戦でした。

 

 

 

 

 

2011年は5番人気で単勝10.6倍のヤマニンキングリーでした。

 

前走は朝日チャレンジCで4着でした。

 

ダートに移行しての初戦でした。

 

 

 

 

 

2009年は3番人気で単勝5.7倍のワンダーアキュートでした。

 

前走は1600万条件で1着になっていました。

 

重賞でも5着にはなっていました。

 

 

 

 

 

2008年は6番人気で単勝15.2倍のマイネルアワグラスでした。

 

前走は1600万条件で9着になっていました。

 

平安Sでは5着、ジャパンカップダートでは4着になっていました。

 

 

 

 

前走の戦績が良い馬と重賞での戦績がいい馬は好走している傾向がありました。

 

ダートをあまり走っていない馬の好走も良く見られました。

 

今年の予想

 

12番のミツバは戦績がとても良いです。

 

現在2連勝中です。

 

去年のシリウスSでも4着になっています。

 

なので、抑えておこうと思います。

 

 

 

 

 

6番のマスクゾロも戦績がとても良いです。

 

前走は長期休養明けで2着でした。

 

去年のシリウスSでは1着になっています。

 

なので、抑えておこうと思います。

 

 

 

 

 

3番のモルトベーネもとても戦績が良いです。

 

前走はアンタレスSで1着になっています。

 

重賞での戦績も優秀です。

 

なので、抑えておこうと思います。

 

 

 

 

13番のピオネロも戦績が良いです。

 

前走は大きく敗れていますが、それ以外では重賞でも大きく敗れることはありませんでした。

 

去年のシリウスSでも2着になっています。

 

今回は本命にしようと思います。

 

 

 

 

5番のドラゴンバローズも戦績が良いです。

 

前走は1600万条件で1着になっています。

 

戦績もとても安定しているので、期待できそうです。

 

抑えておこうと思います。

 

 

 

 

15番のトップディーヴォは注意が必要です。

 

前走はマスクゾロに勝っています。

 

今まで違い、先行していったのでそちらのほうが向いているのかもしれません。

 

なので、抑えておこうと思います。

 

予想印

 

◎ 13番 ピオネロ
○ 12番 ミツバ
▲ 6 番 マスクゾロ
★ 3 番 モルトベーネ
△ 5 番 ドラゴンバローズ
△ 15番 トップディーヴォ

 

 

ピオネロを本命にした理由は以下の通りになります。

 

  • 重賞での戦績
  • 戦績の安定感

 

正直、ピオネロ、ミツバ、モルトベーネ、マスクゾロの4頭でどれを本命にするかを悩みました。

 

前走の戦績を除くと、1番不安要素が少ないビオネロを今回は本命にしました。

 

ミツバは、斤量的に前年は54キロで4着でしたから、今年はマスクゾロと同斤量なのが、気になりました。

 

マスクゾロは、前走の内容と騎手が気になりました。

 

モルトベーネは、長期休養明けなのが気になりました。

 

ピオネロは、前走が敗れているのが気になりました。

 

そうすると、この中ではピオネロが斤量的にも軽く、騎手も前年と同じなので本命にしました。

 

こちらの予想で行きたいと思います。

 


───────────────────────

【秋華賞】◎ディアドラから1万4760円的中

【府中牝馬S】◎クロコスミアから1万9390円的中

───────────────────────


今年の菊花賞はダービージョッキー・大西直宏に任せろ!!

馬連でも30倍以上を狙う『勝負の1点』無料公開


『アルアインの2冠はあるのか!?』


その答えは大西直宏には完璧に見えている!


無料で教えます!



========================


先週の重賞は2戦2勝!

この秋のGIも2戦2勝!


========================


【先週】秋華賞(G1)

◎ディアドラ

△リスグラシュー

○モズカッチャン

【1万4760円的中】


【先週】府中牝馬S(G2)

◎クロコスミア

○ヴィブロス

▲アドマイヤリード

【1万9390円的中】


スプリンターズS(G1)

◎レッドファルクス

△レッツゴードンキ

△ワンスインナムーン

【7650円的中】


========================


それ以外にも万券多数!


========================


東京4日目1R

◎カナメ

◎ノーボーダー

2万9870円的中!


東京初日7R

◎マイネルクラース

3万5880円的中!


京都初日4R

◎スターリーステージ

3万0400円的中!


京都初日2R

◎ホウショウナウ

2万1550円的中!


京都初日12R

◎チェイスダウン

1万4360円的中!


京都3日目3R

◎ソシアルクラブ

1万2840円的中!


京都1日目1R

◎アスターソード

1万2820円的中!


その他的中多数!


【菊花賞】勝負の1点はコチラ



 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


もし、参考になることや共感されたことがあれば、バナーをクリックして応援お願いします。
↓↓↓


 

注目記事


このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク