スプリンターズSの2017年の予想と過去の傾向

スポンサーリンク


スプリンターズSの2017年の予想と過去の傾向

 

2017年10月1日(日)中山11Rのスプリンターズステークスの予想をしていきます。

 

まずはスプリンターズステークスの過去10年の傾向について考察していきます。

 

2014年は新潟で行われていたので、データとしては除外しています。

 

過去のレース結果

着順 勝ち馬の脚質 3連単の金額
2016 3-2-9 差し馬 18万0060円
2015 1-11-9 差し馬 10万6170円
2013 1-2-15 差し馬 2万8020円
2012 2-1-9 差し馬 1万7540円
2011 3-9-7 差し馬 21万2610円
2010 10-3-7 先行馬 35万8410円
2009 6-2-8 逃げ馬 6万6890円
2008 1-2-6 差し馬 5530円
2007 3-1-5 逃げ馬 1万5960円

 

表にまとめるとこのようになりました。

 

過去の勝ち馬は逃げ、先行馬が3頭、差し馬が6頭という結果になっていました。

 

逃げ、先行馬で勝っているのは日本で初戦の外国馬と不良馬場で2頭でした。

 

なので、本命は差し馬から選ぼうと思います。

 

 

 

 

 

 

9レース中7レースで3番人気以内の馬が1着になっています。

 

なので、本命は人気馬を中心に考えたほうが良さそうです。

 

 

 

 

 

 

9レース中5レースで、3連単の金額が5万円を超えていました。

 

さらに、9レース中7レースで8番人気以降の馬が3着以内に入ってきていました。

 

なので、人気薄の馬にも注意が必要です。

 

 

 

 

 

また、1番人気馬の信頼度はそこまで高くないレースです。

 

9レース中5レースで2着以内に入っていました。

 

内訳は1着が3回、2着が2回でした

 

なので、今年の1番人気にも注目が必要です。

 

スポンサーリンク

 

過去の1番人気馬について考察

 

1番人気馬の信頼度がそこまで高くないレースだったので、過去の1番人気馬と今年の1番人気馬に共通点があるのかを調べてみようと思います。

 

3着以内に入った馬との共通点が多ければ、今年も抑えておく必要がありますからね。

 

まずは3着以内に入った馬から見ていきたいと思います。

 

 

 

2015年はストレイトガールで1着でした。

 

前走はセントウルSで4着になっていましたが、タイム差は0.1秒未満でした。

 

2014年のスプリンターズSで2着になっていました。

 

 

 

 

 

2013年はロードカナロアで1着でした。

 

前走はセントウルSで2着になっていました。

 

すべてのレースで3着以内に入っていました。

 

2012年のスプリンターズSでは1着になっていました。

 

 

 

 

 

2012年はカレンチャンで2着でした。

 

前走はセントウルSで4着でしたが、タイム差は0.1秒でした。

 

2011年のスプリンターズSでは1着になっていました。

 

 

 

 

 

2008年はスリープレスナイトで1着でした。

 

前走は北九州記念で1着でした。

 

CBC賞でも1着になっていました。

 

芝に移行してからは2戦連続で1着でした。

 

 

 

 

 

2007年はサンアディユで2着でした。

 

前走はセントウルSで1着でした。

 

アイビスSDでも1着になっていました。

 

芝に移行してからは3戦して2勝していました。

 

 

 

 

つづいて、3着以内に入ってこなかった3頭についてみていきます。

 

 

2016年はビッグアーサーで12着でタイム差は0.4秒でした。

 

シルクロードSで5着になった以外、すべてのレースで3着以内に入っていました。

 

前走はセントウルSで1着になっていました。

 

高松宮記念でも1着になっていました。

 

 

 

 

2011年はロケットマンで4着でタイム差は0.4秒でした。

 

前走はシンガポールのダート戦で1着でした。

 

 

 

 

 

2010年はグリーンバーディーで7着でタイム差は0.4秒でした。

 

外国馬でセントウルSが日本での初戦でした。

 

前走はセントウルSで2着でした。

 

 

 

 

2009年はアルティマトゥーレで5着でタイム差は0.3秒でした。

 

前走はセントウルSで1着でした。

 

重賞はほかにアイビスSDで3着になっているだけでした。

 

 

 

 

前年のスプリンターズSで2着以内になっている馬が1番人気になると、その年も2着以内に入ってきていました。

 

今年の1番人気馬は去年の1着馬のレッドファルクスになりそうですから、今年も軸にしたほうが良さそうです。

 

スポンサーリンク

 

 

過去の勝ち馬の特徴

 

続いては、過去の勝ち馬の特徴を調べてみました。

 

こちらの特徴と合致する馬が今年の出走馬にいれば抑える必要がありますからね。

 

1番人気以外で1着になった馬についてまとめてみました。

 

 

 

 

2016年は3番人気で単勝9.2倍のレッドファルクスでした。

 

前走はCBC賞で1着でした。

 

芝に移行してから2戦目でした。

 

 

 

 

 

2012年は2番人気で単勝4.4倍のロードカナロアでした。

 

前走はセントウルSで2着でした。

 

すべてのレースで3着以内に入っていました。

 

 

 

 

 

2011年は3番人気で単勝11.2倍のカレンチャンでした。

 

前走はキーンランドCで1着でした。

 

フィリーズレビュー以外はすべてのレースで3着以内に入っていました。

 

重賞で3戦連続で1着になっていました。

 

 

 

 

 

2010年は10番人気で単勝29.3倍のウルトラファンタジーでした。

 

前走は香港のレースで14着でした。

 

日本では初戦でした。

 

 

 

 

 

2009年は6番人気で単勝13.8倍のローレルゲレイロでした。

 

前走はセントウルSで14着でした。

 

高松宮記念では1着になっていました。

 

 

 

 

 

2007年は3番人気で単勝5.6倍のアストンマーチャンでした。

 

前走は北九州記念で6着になっていました。

 

北九州記念と桜花賞以外ではすべて2着以内に入っていました。

 

 

 

 

傾向としては、戦績が安定している馬が1着になることが多かったです。

 

芝1200mでの戦績が抜群なレッドファルクスやセイウンコウセイに注目したほうが良さそうです。

 

今年の予想

 

8番のレッドファルクスは戦績がとても良いです。

 

去年のスプリンターズSでは1着になっています。

 

国内の芝1200mではすべて3着以内ですし、軸にしようと思っています。

 

過去の傾向でも、前年のスプリンターズSで2着以内に入って、1番人気になった馬はその年も2着以内になっています。

 

なので、本命にしようと思います。

 

 

 

 

3番のセイウンコウセイも戦績が良いです。

 

高松宮記念では1着になっています。

 

そのほかの重賞でも安定しています。

 

なので、抑えておこうと思います。

 

 

 

 

 

13番のファインニードルも戦績が良いです。

 

前走はセントウルSで1着になっています。

 

北九州記念でも5着ですが、タイム差は0.2秒でした。

 

なので、抑えておこうと思います。

 

 

 

 

 

5番のラインミーティアも戦績が良いです。

 

西田騎手に代わってからの戦績が安定しています。

 

前走はセントウルSで2着になっています。

 

なので、抑えておこうと思います。

 

 

 

 

2番のレッツゴードンキも戦績が良いです。

 

芝1200mではタイム差が惜しいことが多いです。

 

去年のスプリンターズSでも9着ですが、タイム差は0.2秒でした。

 

なので、抑えておこうと思います。

 

 

 

 

7番のダイアナヘイローも戦績が良いです。

 

前走は北九州記念で1着でした。

 

現在、4連勝中です。

 

なので、抑えておこうと思います。

 

 

 

 

10番のビッグアーサーも戦績がとても良いです。

 

去年のスプリンターズSの1番人気で12着馬でした。

 

長期休養明けですが、戦績が優秀なので、抑えておこうと思います。

 

 

予想印

 

◎ 8 番 レッドファルクス
○ 3 番 セイウンコウセイ
▲ 5 番 ラインミーティア
★ 2 番 レッツゴードンキ
△ 7 番 ダイアナヘイロー
△ 10番 ビッグアーサー
△ 13番 ファインニードル

 

 

レッドファルクスを本命にした理由は以下の通りになります。

 

  • 重賞での戦績
  • 去年の1着馬

 

過去の傾向を見ると、前年に2着以内になり、1番人気になると、その年も2着以内に入っているので本命にしました。

 

戦績も国内の1200mの重賞では文句なしです。

 

こちらの予想で行きたいと思います。


───────────────────────

【秋華賞】◎ディアドラから1万4760円的中

【府中牝馬S】◎クロコスミアから1万9390円的中

───────────────────────


今年の菊花賞はダービージョッキー・大西直宏に任せろ!!

馬連でも30倍以上を狙う『勝負の1点』無料公開


『アルアインの2冠はあるのか!?』


その答えは大西直宏には完璧に見えている!


無料で教えます!



========================


先週の重賞は2戦2勝!

この秋のGIも2戦2勝!


========================


【先週】秋華賞(G1)

◎ディアドラ

△リスグラシュー

○モズカッチャン

【1万4760円的中】


【先週】府中牝馬S(G2)

◎クロコスミア

○ヴィブロス

▲アドマイヤリード

【1万9390円的中】


スプリンターズS(G1)

◎レッドファルクス

△レッツゴードンキ

△ワンスインナムーン

【7650円的中】


========================


それ以外にも万券多数!


========================


東京4日目1R

◎カナメ

◎ノーボーダー

2万9870円的中!


東京初日7R

◎マイネルクラース

3万5880円的中!


京都初日4R

◎スターリーステージ

3万0400円的中!


京都初日2R

◎ホウショウナウ

2万1550円的中!


京都初日12R

◎チェイスダウン

1万4360円的中!


京都3日目3R

◎ソシアルクラブ

1万2840円的中!


京都1日目1R

◎アスターソード

1万2820円的中!


その他的中多数!


【菊花賞】勝負の1点はコチラ



 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


もし、参考になることや共感されたことがあれば、バナーをクリックして応援お願いします。
↓↓↓


 

注目記事


このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク