秋風Sの2017年の予想と過去の傾向

スポンサーリンク


秋風Sの2017年の予想と過去の傾向

 

2017年9月30日(土)中山11Rの秋風Sの予想をしていきます。

 

まずは秋風Sの過去10年の傾向について考察していきます。

 

2014年は新潟で行われていたのと2011年は開催されていないので、データとしては除外しています。

 

過去のレース結果

着順 勝ち馬の脚質 3連単の金額
2016 7-1-12 逃げ馬 25万5980円
2015 8-10-1 差し馬 14万2320円
2013 1-11-2 先行馬 8万3610円
2012 5-11-2 逃げ馬 33万9500円
2010 1-6-11 差し馬 10万2590円
2009 2-1-5 逃げ馬 1万1060円
2008 3-2-6 先行馬 3万4550円
2007 4-2-9 先行馬 10万0180円

 

表にまとめるとこのようになりました。

 

過去の勝ち馬は逃げ、先行馬が6頭、差し馬が2頭という結果になっていました。

 

なので、逃げ、先行馬には、より注目が必要です。

 

 

 

 

 

8レース中6レースで、3連単の金額が5万円を超えていました。

 

さらに、8レース中6レースで9番人気以降の馬が3着以内に入ってきていました。

 

なので、人気薄の馬にも注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

 

過去の勝ち馬の特徴

 

2016年は7番人気のマルターズアポジーでした。

 

前走は1000万条件で1着になっていました。

 

中山1600mでは4着になっていました。

 

2着馬も前走は1000万条件で1着でした。

 

3着馬は前走はOP戦で8着になっていました。

 

 

 

 

2015年は8番人気のシベリアンスパーブでした。

 

前走は1600万条件で7着でした。

 

中山1600mでは4着と3着になっていました。

 

2着馬は前走1600万条件で2着でした。

 

3着馬も前走は1600万条件で2着でした。

 

 

 

 

 

2013年は1番人気のブレイズアトレイルでした。

 

前走は1000万条件で1着でした。

 

中山1600mの出走経験はありませんでした。

 

戦績は2連勝中でした。

 

2着馬は前走は1600万条件で3着でした。

 

3着馬は前走は1600万条件で3着でした。

 

 

 

 

2012年は5番人気のサトノタイガーでした。

 

前走は1600万条件で3着でした。

 

中山1600mの重賞では4番人気でしたが、13着に敗れていました。

 

2着馬は前走はG3で10着でした。

 

3着馬は前走は1000万条件で1着でした。

 

 

 

 

 

2010年は1番人気のリビアーモでした。

 

前走は1600万条件で2着でした。

 

中山1600mでは3着になっていました。

 

2着馬は前走は1600万条件で1着でした。

 

3着馬は前走は1600万条件で12着でした。

 

 

 

 

 

2009年は2番人気のマイネルファルケでした。

 

前走はG2で12着でした。

 

中山1600mの重賞では2着になっていました。

 

2着馬の前走は1000万条件で1着でした。

 

3着馬の前走は1000万条件で1着でした。

 

 

 

 

 

2008年は3番人気のハチマンダイボサツでした。

 

前走は1000万条件で1着でした。

 

中山1600mでは1着になっていました。

 

2着馬は前走は1600万条件で3着でした。

 

3着馬は前走はG3で13着でした。

 

 

 

 

 

2007年は4番人気のタイキマドレーヌでした。

 

前走は1000万条件で1着でした。

 

中山1600mに出走経験はありませんでした。

 

2着馬は前走は1000万条件で1着でした。

 

3着馬は前走はG3で11着でした。

 

 

 

 

以上の傾向を見る限り、前走で好走していた馬の勝率が非常に高いです。

 

さらに、OP戦以上で負けている馬の場合は3着以内に入ってきています。

 

前走が1600万条件で3着以内に入っていない馬は2頭しか入ってきていませんでした。

 

以上のことを踏まえて今年の予想をしていきます。

 

スポンサーリンク

 

今年の予想

 

まず、前走が1着だった馬はヴェネト、デアレガーロ、ルグランフリソンの3頭です。

 

そして前走が1600万条件以上で3着以内だった馬がジュールポレール、フロンテアクイーンの2頭です。

 

前走がOP戦以上で敗れている馬は今年はいませんでした。

 

なので、この5頭が今年の出走馬の中で特に注目が必要な馬といえます。

 

 

 

 

この中で中山1600mを走ったことがあるのは、ルグランフリソンとフロンテアクイーンです。

 

両馬ともに3着以内になったことがあるので注意が必要です。

PR【馬券になる共通点が見つかった】アメリカJCC(G2)、東海S(G2)


1月3週目G2の2連戦 21日(日)開催

中山11R アメリカJCC(G2)

中京11R 東海S(G2)

このデータを見てみてください。



これでもかと馬券に絡んでくるデータがあります。


この2レースの予想で難しいのは、「みごとなまでの上位人気馬の凡走」

例えば2017年

アメリカJCC 1着14.7倍の7人気

東海S 1着1人気だったものの、2着96.3倍の12番人気、3着59.6倍の10番人気


予想外の馬がバンバン馬券に絡んできます。

もはやオッズなんて予想の参考になりません。

こういったレースは、複勝やワイドでも美味しい馬券になるチャンスです。

的中をつかむコツがあります。それは、


【過去数年、同じ方法で予想をしてきた結果データの共通点を見つける事】


使うデータは2018年1週目「中山金杯、京都金杯、フェアリーS、3連続単勝的中」させたこちらの指数です。

→ 無料会員登録ページ


各レースで、ある共通点が見つかりました。

それは、

■中山11R アメリカJCC(G2)

→指数1、2、3位馬が3頭中2頭、3年連続馬券内


■中京11R 東海S(G2)

→指数4位馬、直近3年連続単勝的中+4年連続馬券内




アメリカJCC(G2)データは無料公開が決定しています。

このデータを参考に馬券を組み立ててみてはいかがでしょうか。

→ 無料会員登録ページ

※無料公開のアメリカJCCの指数は、レース当日の昼に北条のブログで公開されます。



 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


もし、参考になることや共感されたことがあれば、バナーをクリックして応援お願いします。
↓↓↓


 

注目記事


このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク