菊花賞の2017年の予想と過去の傾向

スポンサーリンク


菊花賞の2017年の予想と過去の傾向

 

2017年10月22日(日)京都11Rの菊花賞の予想をしていきます。

 

まずは菊花賞の過去10年の傾向について考察していきます。

 

過去のレース結果

着順 3連単の金額
2016 1-9-6 6万9380円
2015 5-2-1 3万8880円
2014 3-4-7 5万9220円
2013 1-5-3 1万1750円
2012 1-5-7 1万2450円
2011 1-2-3 2190円
2010 7-1-13 33万8840円
2009 8-7-6 31万6950円
2008 1-15-9 52万3990円
2007 4-6-1 2万7890円

 

表にまとめるとこのようになりました。

 

10レース中5レースで1番人気馬が1着になっていました。

 

また、10レース中8レースで3着以内に入っていました。

 

なので、今年の1番人気馬にも注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

10レース中5レースで、3連単の金額が5万円を超えていました。

 

なので、荒れた展開にも注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

1番人気について考察

 

1番人気馬が3着以内に入ってこなかったのは過去10年で2レースだけでした。

 

2014年の1番人気馬は9着でタイム差は1.2秒差でした。

 

2009年の1番人気馬は5着でタイム差は0.4秒差でした。

 

 

 

3着以内に入ってこなかったうちの1レースも惜しい順位でした。

 

なので、今年の1番人気馬も好走する確率が高そうです。

 

スポンサーリンク

 

 

今年の予想

 

今年の注目馬はキセキとアルアインです。

 

どちらかが1番人気に推されそうです。

 

ルメール騎手は2016年と2015年共に1番人気馬に乗っています。

 

結果は1着と3着でした。

 

 

 

 

なので、今年も軸として期待できそうです。

 

今のところ、本命はアルアインで行こうと思っています。

 

予想印

 

◎ 16番 アルアイン
○ 13番 キセキ
▲ 11番 サトノクロニクル
★ 15番 ダンビュライト
△ 8 番 サトノクロニクル
△ 5 番 トリコロールブルー

 

こちらの予想でいきたいと思います。


――――――――――――――――――――――――

《先日の中京でも独占的に聞いていた話通りの決着》

東海S(G2)1万4690円【的中】

――――――――――――――――――――――――

▼今週の金鯱賞も自信アリ!▼


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


《《的中宣言》》

第54回 金鯱賞(G2)


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


勝つのはアノ馬しか考えられない!


【金鯱賞の結論】を特別無料で公開します!


========================

先週も先々週も

怒濤の万券的中ラッシュ!

========================


阪神2日目2R

6万6160円的中

------------------

阪神2日目10R

4万4040円的中

------------------

小倉6日目7R

3万5170円的中

------------------

中山1日目3R

2万8060円的中

------------------

小倉6日目9R

2万0080円的中

------------------

小倉8日目9R

1万9860円的中

------------------

阪神3日目3R

1万9290円的中

------------------

小倉5日目5R

1万6280円的中

------------------

小倉8日目6R

1万4390円的中

------------------

阪神2日目6R

1万3190円的中

------------------

小倉8日目4R

1万2920円的中

------------------

小倉7日目12R

1万2630円的中

------------------

中山2日目9R

1万1200円的中

------------------

小倉5日目6R

1万1010円的中

------------------

小倉6日目11R

1万0950円的中

------------------
中山4日目2R

1万0560円的中


その他的中多数!


■■■■■■■■■■


【的中宣言】金鯱賞の結論はコチラから


■■■■■■■■■■



 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


もし、参考になることや共感されたことがあれば、バナーをクリックして応援お願いします。
↓↓↓


 

注目記事


このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク