スワンステークスの2017年の予想と過去の傾向

スポンサーリンク


スワンステークスの2,017年の予想と過去の傾向

 

2017年10月28日(土)京都11Rのスワンステークスの予想をしていきます。

 

まずはスワンステークスの過去10年の傾向について考察していきます。

 

過去のレース結果

着順 3連単の金額
2016 2-8-6 11万0840円
2015 2-1-4 1万2830円
2014 1-4-2 7020円
2013 8-4-10 42万6890円
2012 3-6-7 12万3950円
2011 1-3-10 3万9420円
2010 3-9-10 41万8640円
2009 4-16-3 88万1590円
2008 5-3-8 8万8490円
2007 3-10-5 21万1850円

 

表にまとめるとこのようになりました。

 

10レース中7レースで3番人気までの馬が1着になっていました。

 

さらに、3番人気以降の馬が1着になった3レースのうち、2レースは4番人気と5番人気馬でした。

 

なので、本命は人気馬から選んだほうがよさそうです。

 

 

 

 

 

 

10レース中7レースで、3連単の金額が5万円を超えていました。

 

なので、荒れた展開が多いレースになっています。

 

 

 

 

 

また、1番人気馬の信頼度は低いレースです。

 

10レース中3レースでしか3着以内に入ってきていませんでした。

 

なので、今年の1番人気馬にも注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

1番人気について考察

1番人気馬の着順 タイム差
2016 9 0.6
2015 2 0.2
2014 1 0.0
2013 5 0.4
2012 9 0.5
2011 1 0.0
2010 8 0.6
2009 5 0.4
2008 4 0.3
2007 14 1.6

 

1番人気馬の信頼度が低いレースだったので、1番人気馬の着順とタイム差を表にしてみました。

 

10レース中7レースで1番人気馬のタイム差は0.5秒差以内でした。

 

1番人気馬が惜しい順位で敗れていることも多いので、混戦になりやすく荒れるレースだと言えます。

 

スポンサーリンク

 

 

今年の予想

 

今年の注目馬はセイウンコウセイです。

 

前走はスプリンターズSで11着でしたが、タイム差は0.5秒差と悪くありませんでした。

 

今週も天気は悪くなりそうですから、馬場状態が悪くても結果を残していることも評価できると思います。

 

さらに、京都での戦績はとても良いです。

 

なので、本命にしようと思っています。

 

 

 

 

 

レッツゴードンキも人気になりそうです。

 

前走はスプリンターズSで2着でしたし、今回は斤量が54キロになっています。

 

なので、抑えておこうと思います。

 

 

 

さらに、今年は3歳馬も多そうなので、3歳馬にも注意が必要です。

 

予想印

 

◎ 11番 セイウンコウセイ
○ 6 番 ジューヌエコール
▲ 1 番 ビップライブリー
★ 2 番 レッツゴードンキ
△ 15番 ダノンメジャー
△ 3 番 サングレーザー
△ 7 番 キャンベルジュニア

 

こちらの予想でいきたいと思います。

スポンサーリンク

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


もし、参考になることや共感されたことがあれば、バナーをクリックして応援お願いします。
↓↓↓


 

注目記事


このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク