市川S  2017 予想

スポンサーリンク


市川S 2017 予想

 

2017年12月3日(日)中山10Rの市川Sの予想をしていきます。

 

まずは市川Sの過去の傾向について考察していきます。

 

過去のレース結果

着順 3連単の金額
2016 1-4-5 6800円
2015 3-5-1 2万8920円
2014 4-2-1 1万0080円
2012 4-3-5 5万1360円
2010 5-1-8 5万1100円

 

表にまとめるとこのようになりました。

 

5レース中2レースで3番人気以内の馬が1着になっていました。

 

なので、人気薄の馬にも注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

5レース中2レースで、3連単の金額が5万円を超えていました。

 

なので、荒れた展開にも注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

また、1番人気馬の信頼度は高いレースです。

 

5レース中4レースで3着以内に入ってきていました。

 

なので、今年の1番人気馬にも注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

今年の予想

 

今年の注目馬はヒーズインラブです。

 

中山芝1600mでの戦績が良いです。

 

中山芝1600万条件でも1着になっています。

 

なので、今回は本命にしようと思っています。

 

 

 

 

 

 

ヴェネトも戦績が良いです。

 

前走は中山芝1600mで3着になっています。

 

戦績もすべてのレースで5着以内になっています。

 

なので、抑えておこうと思います。

 

 

 

 

 

 

パルティトゥーラも戦績が良いです。

 

現在2連勝中です。

 

前走は中山1600mで1着になっています。

 

なので、抑えておこうと思います。

PR【馬券内馬と穴馬について】朝日FS(G1)


阪神競馬場 1600m(芝・外)

馬齢 牡・牝 2歳オープン

牡馬牝馬混合の、2歳マイル王決定戦です!

チャンピオンズC同等レベルで荒れるので、個人的にはとても楽しみにしているレースです!


3連単の過去配当は

2016年 221,200円

2015年 38,560円

2014年 133,570円

これこそ競馬の醍醐味!一発大逆転が狙える!

低配当レースなら個人的予想や誰かの予想に丸乗りでも問題ないですが、こういった荒れるレースは【穴馬】を【的確に】読めるかどうかがポイントですね!

つまり【的中率】を重視する必要があります!

だったら、朝日杯FSで結果を残している的中率特化型の「コラボ指数」が的中への最短ルート!最強の予想サポート情報です!


【コラボ指数】↓ 無料登録

https://www.collabo-n.com



コラボ指数は数字が「数字が小さい方が強い馬」で「最強馬は指数値4」という表し方です。

因みに過去実績より、12月の全競馬場対象288レース中【指数値4の馬は勝率60%以上】あります。

阪神競馬場だけで見ると【勝率70%】以上あります!
ぜひ参考にしてみてください。


【朝日杯FS】

--------------------------

■コラボ指数 予想順位1位の馬の結果(指数値4ではありませんでした)

2016年 2着 7人気モンドキャンノ

 単オッズ15.8


2015年 2着 1人気エアスピネル

 単オッズ1.5倍

2014年 3着 4人気クラリティスカイ

 単オッズ5.3倍

馬券圏内は間違いないと思われます。


■穴馬

2016年 3着 12人気ボンセルヴィーソ 

 単オッズ72.7倍 コラボ指数5位予想


2015年 3着 11人気シャドウアプローチ 

 単オッズ91.6倍 コラボ指数40以下の馬

2014年 2着 14人気アルマワイオ

 単オッズ64.7倍 コラボ指数52

--------------------------

要は見方次第と言われそうですが、コラボ指数が始まったのが2014年から。

つまり【年々、的中精度は上がっていきます】

ここまでの内容と、私が長年コラボ指数を使ってきた感触から要点をまとめると
阪神JF(G1)は

【コラボ指数上位6頭で穴馬込、馬券内馬2頭まで楽に絞り込める】


最新のコラボ指数は週末土日更新です。

コラボ指数を見たことない人、すでに使っているという人。

私なりにですが、週末に新しい情報を更新していきますのでチェックしてみてください。

※それまでにターコイズS(G3)についても調べてみます。


まだ見たことない人はサイトに登録して準備しておいてください。

【コラボ指数】↓ 無料登録

https://www.collabo-n.com

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


もし、参考になることや共感されたことがあれば、バナーをクリックして応援お願いします。
↓↓↓


 

注目記事


このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク