京王杯スプリングカップ 2017 予想

スポンサーリンク


京王杯スプリングカップ 2017 予想

 

2017年5月13日(土)東京11Rの京王杯スプリングカップについて考察していきたいと思います。

 

なんといっても、安田記念に向けての大事な一戦ですからね。

 

 

 

2016年は3番人気のサトノアラジンが見事に差しきってゴールしましたよね。

 

 

 

今年はどのような展開になるでしょうか。

 

 

 

コースは東京の1400mです。

 

早い上がりの馬が勝つ傾向があるので、本命は差し馬にしようと思っています。

 

 

 

そうなると、本命は4番のサトノアラジンですかね。

 

去年の優勝馬なので、実績はばっちりです。

 

安田記念では、4着になっていますが、2着、3着とはほとんど差がなかったので問題ないと思います。

 

東京との相性はよいので、いい走りが期待できると思います。

 

 

 

 

3番のキャンベルジュニアは、レース展開しだいですね。

 

中山の1600mは先行有利なコースで、先行して勝利しています。

 

一方、東京の1800mでは、差していっているので、レースをどう展開するかによって予想が変わります。

 

差していくのであれば、充分期待できる馬だと思います。

 

 

 

 

個人的には9番のグランシルクに注目しています。

 

東京の1400mで2勝している実績があります。

 

上がりも最速での勝利なので、コース適正もばっちりでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

13番のダッシングブレイズは、去年の京王杯スプリングカップの4番人気で4着だった馬です。

 

最近の勝利が馬場状態が重のレースしかないのでなんともいえません。

 

コースに適正はあると思うので、調子を戻してきていたら、要注意です。

 

 

 

 

8番のトウショウドラフタは、東京1400mではいい走りを見せています。

 

京王杯2歳ステークスでは、5着になっていますが、2着以降はほぼ差はありませんでした。

 

1番最近行われた、東京1400mで1番人気で13着に敗れているので少し不安はあります。

 

 

 

 

10番のレッドファルクスは、スプリンターステークスの勝利馬です。

 

1400mでも、距離的には問題なさそうですが、あの末脚が出せるかが問題です。

 

要注意の1頭であることには、変わりはありません。

 

 

明日は天気が悪そうなので、馬場状態も悪くなりそうですが、予想はこのままでいきたいと思います。

 

 

 

僕は本命は4番で相手は3番、8番、9番、10番、13番の馬連で勝負しようと思います。

 

 

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


もし、参考になることや共感されたことがあれば、バナーをクリックして応援お願いします。
↓↓↓



このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク