青竜ステークス 2017 予想

スポンサーリンク


青竜ステークス 2017 予想

 

2017年5月14日(日)の東京10Rの青竜ステークスの予想をしていきます。

 

 

 

コースは東京ダート1600mです。

 

 

 

コースの最初が芝なので、ペースは早くなります。

 

前半は緩い下り傾斜なので、ペースはさらに早くなります。

 

最後の直線は上り傾斜なので、後続馬は前と距離を詰めやすくなります。

 

それに加えて、3歳のオープン戦なので、タイムが早くなると思うので、今回は差し馬を本命にしようと思います。

 

 

 

そうなると、本命は10番のサノサマーにしようかと思います。

 

前前走で、今回出走予定のアナザートゥルースに負けていますが、それは問題ないと思います。

 

理由としては、中山1800mは逃げ、先行が有利ですし、スローペースだったので差し馬には厳しかったからです。

 

なので、今回は期待できると思います。

 

前走も、東京1600mで1番人気で1着で、タイムもなかなかですから実績も充分ですから今回は本命にしようと思っています。

 

 

 

 

12番のアナザートゥルースは2戦2勝です。

 

中山1800mで逃げて勝っています。

 

スローペースなので、逃げきれた部分があると思うので今回は来ても2着までかと思います。

 

 

 

 

4番のサンチェサピークは東京1600mで3戦して、1着1回、2着1回、3着1回と戦績はよいです。

 

ですが、タイムがあまりよくなく、オープンでは厳しそうなので、今回は馬券には入れないです。

 

 

 

 

1番のシゲルベンガルトラはオープン戦常連です。

 

東京1600mのオープン戦で7着になっています。

 

このときは、スローペースで、先行した馬も脚をためられたので、距離を詰めることができませんでした。

 

レースの展開が悪かったので、そこは問題ないと思います。

 

3着に敗れていても、内容はよいので要注意だとおもいます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

5番のスマートレイチェルは京都1400mで前走5馬身差で快勝しています。

 

展開はスローペースだったので、ためていた脚でゴールしています。

 

今回は、1600mになりますし、オープン戦ということでタイムも早くなるでしょうから今回は残っても3着までかと思います。

 

 

 

 

 

7番のセイカチトセは、要注意すべき馬だと思います。

 

前前走のNZTは芝なので、除いて考えます。

 

前走と3走前に8着と7着と敗れています。

 

レースの内容をみると、両方とも後方から仕掛けすぎて負けています。

 

上がりのタイムは上位です。

 

なので、今回は距離が伸びますし、いい位置取りができれば面白くなりそうです。

 

 

 

 

 

11番のモンサンレガーメは東京1600mで3戦して2勝しています。

 

ですが、馬場状態が不良と重のときに勝っています。

 

良馬場のときに負けていて内容もよくないのですが、一応抑えておこうと思います。

 

 

 

馬場状態は重か稍重になると思いますが、予想はこのままでいきたいと思います。

 

 

なので僕は馬券は10番のサノサマーの単勝で勝負しようと思います。

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


もし、参考になることや共感されたことがあれば、バナーをクリックして応援お願いします。
↓↓↓


競馬ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク