馬場状態がレースに与える影響

スポンサーリンク


馬場状態がレースに与える影響

 

今回は馬場状態がレースに与える影響について考察していきたいと思います。

 

 

天候が悪くなり、雨が降ると馬場状態も悪くなります。

 

そうすると、レースにどう影響するのか競馬をする方なら気になりますよね。

 

予想は、天候が良のときと同じでいいのかなどについて考えていきたいと思います。

 

 

 

まず、馬場状態の種類についてです。

 

良、稍重、重、不良の4種類があります。

 

雨がひどくなっていくごとに悪くなっていきます。

 

ダートコース

 

ダートコースの傾向は、馬場状態が悪くなると全体の傾向としてタイムが早くなります。

 

なので、ダートコースが稍重、重の場合は、逃げ、先行が有利になると思います。

 

不良の場合は、水たまりなどもできて一概に言えないので今回は除きます。

 

 

 

なぜ、逃げ、先行が有利なのかというと、全体のタイムが早くなるということは、後続馬が差を詰めにくくなるからです。

 

差しや追い込みをする場合は、相手がバテたところで、一気に差を詰めて追い抜きます。

 

しかし、全体のタイムが早くなるので、その差を縮めづらくなります。

 

 

 

テンだけが早くなるなら、差し、追い込みが有利になりますが、最初の方の馬場状態だけが悪くなることはありませんよね。

 

なので、僕は、馬場状態が悪い場合は、逃げ、先行を狙いにいっています。

 

元々、基本的にダートは逃げ、先行が有利なので、予想はあまり変えることはないです。

 

 

スポンサーリンク

 

芝コース

 

逆に芝は馬場状態が悪くなると全体の傾向としてタイムが遅くなります。

 

すべての馬が均等に遅くなるのだとしたら、逃げ、先行が有利です。

 

後続馬はスピードが出せませんから、最後の直線で距離を詰めることができません。

 

 

 

なので、馬場状態が重くらいになったときは、本命を先行する馬に予想に変えることがあります。

 

もちろん、馬場状態が悪いときも、早い上がりを出せる馬がいるなら変更はしませんが、なんせデータが少ないのでなんともいえません。

 

 


まあ、競馬は考えることが色々あって楽しいですよね。

 

 

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


もし、参考になることや共感されたことがあれば、バナーをクリックして応援お願いします。
↓↓↓



このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク