鳳雛ステークス 2017 予想

スポンサーリンク


鳳雛ステークス 2017 予想

 

2017年5月21日(日)の京都10Rの鳳雛ステークスの予想をしていきます。

 

 

 

コースは、京都ダート1800mです。

 

4つコーナーを回るので、内を先行していける馬が有利です。

 

さらに、最初のコーナーまでの距離が近いので、外枠の先行馬は内枠に比べて不利になりやすいです。

 

最後の直線も平坦なので、距離を詰めていないのと、前の脚が止まらないので、後続馬は届きません。

 

なので、本命は内枠の逃げ、先行馬にしようと思っています。

 

 

 

 

 

 

4番のエルデュクラージュは京都ダート1800mの戦績がよいです。

 

毎回、外枠で出走していますがタイムも悪くないです。

 

内枠になれば、さらに有利に走れますから上位を狙えると思います。

 

今回は、内枠だったので、本命にしたいと思います。

 

 

 

 

6番のグランドディアマンはまだダートで良馬場を走っていません。

 

ダートを7戦しているんですが、すべて良馬場ではありませんでした。

 

馬場状態が悪くなったら、狙いにいったほうがいいかもしれません。

 

まだ良馬場での走りはわかりませんが、ダートで1800mではすべて3着以内に入っているので要注意です。

 

 

 

 

1番のサンライズノヴァは逃げ、先行馬ではありませんが、注意が必要です。

 

最初は抑えていってますが、4コーナーから前につけてきているので、その距離なら充分届いています。

 

なので、この馬たちは枠関係なしに注意が必要です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

5番のウォーターマーズも注意が必要です。

 

サンライズノヴァとは違い、4コーナーでも後方にいますが、前に届いています。

 

オープン戦ですし、タイムは早くなると思うのでそうすると前はつらいので届くかもしれません。

 

なので、抑えておいたほうがいいかもしれません。

 

 

 

 

 

9番のメイショウラケーテも京都ダート1800mの戦績がよいです。

 

内枠で外枠のエルデュクラージュに負けているので、本命の相手としては抑えておいたほうがよいでしょう。

 

 

 

僕は4番のエルデュクラージュの単勝で勝負したいと思います。

 

 

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


もし、参考になることや共感されたことがあれば、バナーをクリックして応援お願いします。
↓↓↓


競馬ブログランキングへ

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク