東大路ステークス 2017 予想

スポンサーリンク


東大路ステークス 2017 予想

 

2017年5月28日(日)の京都9Rの東大路ステークスの予想をしていきます。

 

 

 

コースは、京都ダート1800mです。

 

4つコーナーを回るので、内を先行していける馬が有利です。

 

さらに、最初のコーナーまでの距離が近いので、外枠の先行馬は内枠に比べて不利になりやすいです。

 

最後の直線も平坦なので、距離を詰めていないのと、前の脚が止まらないので、後続馬は届きません。

 

なので、本命は内枠の逃げ、先行馬にしようと思っています。

 

 

 

 

3番のオールマンリバーは戦績が非常によいです。

 

13戦連続で3着以内に入ってきています。

 

13レース中8レースで1番人気になっています。

 

ですが、1番人気なった8レース中は、2回しか1着になっていません。

 

なので、あくまで本命の相手として押さえておいたほうが良いかもしれません。

 

間違いなく人気にはなりますが、1番人気にならない場合は本命にするかもしれません。

 

 

 

 

10番のシンゼンドリームは要注意です。

 

芝からダートに移行してきて2戦2勝しています。

 

ダートへの適正は間違いなくあるので、注意が必要です。

 

オッズによっては本命にするかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

13番のテイエムジンソクは去年の東大路ステークスの5番人気で1着馬です。

 

最近は勝ちきれず、2着、3着という結果が多いです。

 

ですが、コースに適正はあると思うので、抑えておく必要があると思います。

 

少なくとも、2着、3着には入ってきそうです。

 

 

 

 

7番のニホンピロヘーゼルは逃げ馬です。

 

内枠に入ってきたときは注意が必要です。

 

内枠だといい成績を収めていたことがあるので注意はしておいたほうがよいでしょう。

 

 

 

 

9番のマインシャッツも注意が必要です。

 

大敗することがないので、安定感があります。

 

最近はあと一歩のところで入賞を逃しているので、上位にきてもおかしくありません。

 

注意をしておいたほうがよいでしょう。

 

 

 

 

6番のロイヤルパンプは要注意です。

 

京都1800mで内枠だったときの戦績が非常によいです。

 

逆に外枠だと入賞しないことが多いです。

 

なので、6枠なので本命にしようかと思っています。

 

 

予想

 

◎ 6 番 ロイヤルパンプ
○ 3 番 オールマンリーバー
▲ 10番 シンゼンドリーム
☆ 7 番 ニホンピロヘーゼル
△ 13番 テイエムジンソク
△ 9 番 マインシャッツ

 

 

今回はこちらの予想でいきたいと思います。

 

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


もし、参考になることや共感されたことがあれば、バナーをクリックして応援お願いします。
↓↓↓


━━━━━━━━━━━━━━━━━
「3連単20点で万馬券も獲れる」と大好評
1日1鞍の渾身予想 9/10まで無料<
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク